MC漢(川上国彦)wikiプロフ!顔画像や年齢・妻嫁や子供や家族などを調査

人気ラッパーの漢a.k.a.GAMIこと川上国彦容疑者が逮捕されました。

今まで、ラップ界をリードしてきた存在だけに、ファンからも衝撃が走っています。

一方では、MC漢(川上国彦)が薬をやっていた事は承知の事実で、今ごろ逮捕されたかと今更感を感じている人も多くいました。

それでは、MC漢(川上国彦)について、詳しく調べていきます。

スポンサードリンク

MC漢(川上国彦)のwikiプロフ

名前:川上国彦

芸名:漢a.k.a.GAMI・GAMI・MC漢

生年月日:1978年6月7日

年齢:41歳

身長:183cm

体重:不明

出身地:新潟県長岡市

出身高校:堀越高等学校

職業: ヒップホップ・MC

幼少期のあだ名であるガミ(GAMI)を名前にしています。

生まれは新潟県ですが、東京新宿育ちでバリバリの都会っ子です。

しかし、東京に来た理由は夜逃げで、MC漢(川上国彦)の父親の会社が倒産し、借金の取り立てから逃れるために東京に来たとの事です。

MC漢(川上国彦)の学生時代は波乱万丈

小学生の時に補導された経験があるというMC漢(川上国彦)。

しかし高校時代には、その体格を生かし、アメフトで活躍したといいます。

その後は、音楽に関心を持ちラップ界へと足を運びます。

MC漢(川上国彦)はヒップホップで頭角を現す

2000年に結成したヒップホップグループMSCを結成し、リーダーを務めています。

その後は、ヒップホップ界で名を上げ、テレビにも出演するなど知名度を上げていきました。

スポンサードリンク

MC漢(川上国彦)の顔画像や動画は?

MC漢(川上国彦)の姿はこちらになります。

素の顔が怖いですね。近寄りがたい雰囲気です。

続いて、こちらがMC漢(川上国彦)の動画になります。

MC漢(川上国彦)のラップバトル

こちらが、本業のラップバトルになります。

やはり対戦相手のラッパーよりも、歴が長いだけあって様になっています。

MC漢(川上国彦)の飲食店での様子

こちらは打って変って、優しい表情に見えます。

MC漢(川上国彦)は、新宿区大久保でクサリ カフェ(9SARI cafe)という、オシャレなカフェを経営しています。

店内では、ヒップホップが流れ落ち着いて雰囲気となっています。

MC漢(川上国彦)の家族の妻嫁や子供は?

MC漢(川上国彦)には、妻嫁や子供はいたのでしょうか?

ハッキリとは公言されていませんが、嫁と二人の娘さんがいるそうです。

海外のインタビューに答えた際

「俺には妻がいて、彼女はすごくうまいラッパー」

と発言していた事から、嫁は元ラッパーで麻起さんという女性ではないか?といわれています。

嫁の麻起さんは、ネットでパワーストーンを売っているという情報もあります。

結婚して妻がいて2人の娘さんがいたとすれば、何故このような事件を起こしてしまったのでしょうか?

非常に残念です。

スポンサードリンク

MC漢(川上国彦)は日常的にふかしていた?

MC漢(川上国彦)の画像を見てみますと、常にふかしている姿が捉えられています。

ふかしの延長線上で、今回の薬の方に手を染めてしまった可能性は高いです。

ラッパーですので、ラップバトルする際にテンションを上げる為に薬を使ってしまったのでしょうか?

元KAT-TUNの田口淳之介や電気グルーヴのピエール瀧なども、ライブの際テンションを上げる為に薬を使っていたと証言しています。

MC漢(川上国彦)の逮捕についてネットでの反応

MC漢(川上国彦)は、テレビ出演した際も、薬物使用に関しては否定していました。

先に逮捕されている清原和博同様、テレビで「やっています」なんて言えるはずないですものね。

MC漢(川上国彦)の逮捕により、やはりこの業界は薬は付き物と思われても仕方がないという事なのでしょうか。

スポンサードリンク

MC漢(川上国彦)の逮捕の詳細

漢a.k.a.GAMIこと川上国彦容疑者は、東京新宿区において薬を所持していた罪で現行犯逮捕されました。

体に彫り物をしていますと、警察官から職務質問をされる確率が高いといいます。

行動も不審だったのでしょう。東京で巡回している警察官は特に姿かたちを見ただけで、すぐに異変を感じ取ります。

MC漢(川上国彦)が逮捕されたのが、5月2日で公表されたのが5月6日になります。

公表される前から、MC漢(川上国彦)が逮捕されているのではないか?といった情報が出ていました。

まとめ

人気ラッパーのMC漢(川上国彦)が薬で逮捕されたという情報をお伝えしました。

MC漢(川上国彦)は、ネットでの情報ですと、かなり前から薬に手を染めていたのではないかと言われていました。

今回は、逮捕されてしまいましたが、手遅れになる前に捕まって良かったのかもしれません。

これでまた、ラップ界が白い目で見られると思うと残念でなりません。

スポンサードリンク