ゴダイゴ浅野孝已の死因は心停止!持病や顔画像や妻(嫁)と子供などを調査

ゴダイゴのギタリストとして活躍していた浅野孝已さんが、4月12日に亡くなっていることが分かりました。

死因は心停止になります。68歳という若さでした。

浅野孝已さんは、東京にある自宅で倒れて病院に緊急搬送されたという事ですので、突然死だった可能性が高いです。

病院に運ばれて救命措置が取られましたが、そのまま息を引き取り、残念な結果となってしまいました。

スポンサードリンク

ゴダイゴ・浅野孝已さんは持病があったのか?

浅野孝已さんには、これまでに持病や大病をしたなどの情報はありませんでした。

コロナウイルスに感染したなどの情報もありません。

ご高齢だっただけに、何らかの体の不具合はあったかもしれませんが、健康体だったと思われます。

しかし、2週間前までは病院に入院していたといいます。

現在のところ、何の病気だったのか分かっていませんが、何らかの病気があったものと思われます。

その後は、体調が良くなり病院も退院され、元気な姿を見せていた浅野孝巳さん。

関係者の皆さんもこの報道に驚きを隠せません。

スポンサードリンク

ゴダイゴ・浅野孝已の最後の様子

2019年までは、中野サンプラザなどで公演を行い、普段と変わらない様子だった浅野孝巳さん。

2週間前までは入院していましたが、元気に退院され、元気な姿を見せました。

5月6日には、ラジオ番組「水曜CHANGE」において電話出演されていますし、5月9には、ご自身のフェイスブックにおいて、しっかりと投稿されています。

ラジオに電話出演した際も、元気な様子でとても無くなるとは思えないような状況でした。

残念ながら、5月9日のフェイスブックでの投稿が最後となってしまいましたが、最後の勇士が見られてファンとしては涙ものです。

浅野孝已さんの顔画像やプロフィール

名前:浅野孝已(あさの・たかみ)

生年月日:1951年6月1日

年齢:68歳

出身地:東京都豊島区池袋

職業:ギタリスト

所属バンド:ゴダイゴ

幼少期から音楽に目覚め、小学5年からギターを弾き始めました。

ショーケンこと萩原健一さんの影響を受けて、ライブで不要となった楽器をもらい音楽の練習を行いました。

中学生になると、セミプロのギタリストとして活動していました。

その後は、ミッキー吉野さんらと共にゴダイゴを結成し、人気ミュージシャンへの道を歩む事となります。

ゴダイゴとしては、ガンダーラ、モンキーマジック、銀河鉄道999のテーマなど、次々とヒット曲を飛ばし、一躍トップミュージシャンとなっていきました。

バンドとしても、1971年から2020年まで解散する事無く続けて来られたのは、メンバー同士リスペクトしている証拠でもあります。

スポンサードリンク

ゴダイゴ・浅野孝已さんの家族である妻(嫁)と子供はいたのか?

浅野孝已さんは、家族に関しては一切公表されていません。

しかし、家族がいる事は分かっています。

浅野孝已さんが自宅で倒れた時も、家族が発見して病院に連絡していますし、葬儀もコロナウイルスの影響により、家族のみの密葬と書かれています。

浅野孝已さんの過去のフェイスブック投稿でも、家族の事が書かれており、妻とお子さんがいて、孫までいることが分かっています。

ご自身のご家族は、公表する事はありませんでしたが、素敵なご家族だった事がうかがえます。

まとめ

ゴダイゴの浅野孝已さんが、お亡くなりになったという事でお伝えさせて頂きました。

浅野孝已さんは、生前ギターの腕前はピカイチで、他のミュージシャンも憧れの存在でした。

数々の名曲を世に送り出されましたし、亡くなられたのは本当に残念でなりません。

ゴダイゴのメンバーとしては初めての逝去となりましたが、残ったメンバーでこれからも活動していく事でしょう。

浅野孝已さんのご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサードリンク