福井県福井市50代男性会社役員のコロナ感染は誰?入院先はどこ?

全国に猛威を振るっているコロナウイルスですが、いよいよ福井県にもコロナウイルスの感染者が出てしまいました。

強い風と寒さで「陸の孤島」と呼ばれる福井県ですので、コロナウイルスは大丈夫だろうという見方をしている方もいましたが、いよいよ陥落してしまいました。

福井県で初感染者となってしまったのは、福井県福井市に住む会社役員の男性で、症状はそこまで重症ではないとの事です。

それでは、コロナウイルスに感染してしまった50代の会社役員の詳細や、感染ルート、入院している感染症指定病院などについても調査していきます。

スポンサードリンク

コロナウイルスに感染した福井県福井市の50代会社役員の男性とは?

住所:福井県福井市

年齢:50代

性別:男性

職業:会社役員(会社社長)

50代男性の濃厚接触者は、同居している奥さんと会社の関係者4名でしたが、現在のところコロナウイルスの感染は無いとの事です。

50代男性のコロナウイルス感染までの時系列

3月12日 37℃の発熱が出る

3月14日 福井県内のA医療機関で受診する

3月18日 B医療機関を受診 → 肺炎の疑いあり

3月18日 C医療機関

3月18日 福井保健所

50代男性は、コロナウイルスの感染が確認されるまで、4件もの医療機関に訪れたことになります。

3月16日~17日は、熱が下がったといい会社に出勤していました。

その時に、他の方へうつしてしまった可能性があるので、現在濃厚接触者を調査中となっています。

スポンサードリンク

コロナ感染した福井県福井市の50代会社役員の感染ルートは?

50代男性は、企業の会社社長だけあって日本各地を飛び回っていたようです。

出張のため、3月6日~8日まで飛行機を往復で乗っていたことが分かっています。

飛行機と言いますと、密閉された空間の中でコロナウイルスに感染しやすい環境と思われがちですが、実は換気が良く感染しにくいのが飛行機なのです。

飛行機の機内でコロナウイルスをうつされた可能性は低いと見られ、出張先の東京でうつされたのかもしれません。

現在のところ50代男性が、どこでうつされたかは不明となっております。

コロナウイルス感染の50代男性の入院している指定医療機関は?

※写真はイメージ

現在のところ、50代男性の入院している感染症指定医療機関は公表されていませんが、福井県で入院するならこちらになります。

検査で陽性となれば、県内六カ所の感染症指定医療機関(県立病院、福井赤十字病院、公立丹南病院、福井勝山総合病院、市立敦賀病院、公立小浜病院)に入院する。

個人的な意見としましては、まずは県立病院に行くのではないかと推測しています。

幸い、50代男性の症状は深刻ではないという事なので、早く完治して頂きたいです。

スポンサードリンク

福井県初のコロナウイルスに感染者が出たという事でネットの反応はどうでしょうか?

ネットでの書き込みを見てみますと、福井県は田舎なのでコロナウイルスは入って来ないだろうと、考えていた方が多いようです。

いよいよ、日本も感染していない都道府県が残り少なくなってきました。

まとめ

福井県福井市の会社役員の50代男性が、コロナウイルスに感染したという情報をお伝えしました。

確定では無いですが、出張先の東京でうつされた可能性が高いです。

50代男性は、公共機関の乗り物は飛行機しか乗っていませんので、他の方にうつした可能性は低いのではないでしょうか。

また、コロナウイルスに感染してしまった50代男性の症状が重症化しなかったのも不幸中の幸いでした。

スポンサードリンク