電車内出産 JR常磐線で女児誕生!元看護助手が手助けで母子ともに無事

スポンサードリンク

1月19日午後1時40分ごろ、JR常盤線の車内で25歳の女性が女児を出産した。

場所は千葉県柏市の柏駅で、乗客が異変に気付き緊急停止ボタンを押した為、電車が緊急停車しそのまま車内で出産しました。

車掌が駆けつけた時には既に出産後で、母子ともに無事だったとの事です。その後、柏市内の病院に運ばれましたが、命に別状はないそうです。

たまたま隣に元看護助手

電車に乗車中、隣にいた女性の異変に気付き声をかけたところ、その方は妊婦で既に破水した事を伝えます。その隣にいた女性というのが元看護助手でご自身も5人の出産経験があるという最上都寿美(40)さんだったのです。

手前の駅の松戸駅で破水し、既に陣痛が始まってしまったという女性を助けるべく、持ち合わせていたバスタオルを下に敷き赤ちゃんを取り出す準備に入ります。

もう頭が出てきてしまい、直ぐに体も出てきてあっという間に「ポン」と生まれたそうです。その際、最上さんが赤ちゃんの頭を抑えてしっかり取り出しました。

赤ちゃんは直ぐに泣き始めたため、赤ちゃんの無事が確認できたと言います。

車掌や駅員が来た時には出産後

緊急停止ボタンが押されたため、慌てて現場に現れた車掌や駅員は、事の重大さに気付き直ぐにブルーシートで周りを囲み、人に見られないように処置します。中には女性たち4~5人が出産した女性や生まれた赤ちゃんのサポートに努めます。

この時、車内放送で「医療関係の方がいらっしゃいましたら、ご協力お願いします」のアナウンスが!本当にお医者様が来たかどうかは不明です。

その後、救急隊員も駆けつけ病院に送られ事なきを得たという訳です。

JR東日本の関係者の話でも、電車内で出産したというケースは前代未聞で、過去に一例も無いそうです。

スポンサードリンク

出産した女性からツイッターで呼びかけ

その報道があった日に、出産した女性本人と思われるツイッターアカウントから、ご迷惑をかけたという謝罪のつぶやきが拡散されることとなります。

こちらが本人と思られるツイート

本日お昼すぎ、
無事に女児を出産しました!
しかし生んだ場所が場所でしたので皆さんに多大なご迷惑おかけしました。
すみませんでした…。
そして助けてくださった方、
とても感謝しています。
ありがとうございました!
このご恩お返ししたい。
巡り巡って届きますように!

こちらのツイートは何度となくつぶやかれ、その様子を私も見ていたのですが、いきなりそのツイッターアカウントにカギがかけられます。

最初は、祝福のコメントが寄せられていましたが、その内一部の人から誹謗中傷のコメントが届くようになり、あえなくカギをかけてしまったとの事です。

出産時の状況を事細かに説明するツイートで、今でもネットで検索すれば内容というのは確認出来ます。

ネットでは賛否両論

この前代未聞の事態に、ネットでは賛否両論の嵐が吹き荒れています。

【意見をまとめるとこんな感じ】
①出産はコントロールできない
②自己管理が出来ていない
③生まれた場所はどうであれおめでたい
④臨月なら入院するはずだ

などなど様々な意見がありますが、一番多い意見は出産した女性を非難するなといったといった内容が多いです。出産した女性は、二人の子供がいて今回は3人目となるお子さんです。

三人目となると、陣痛が短く直ぐに「ポン」と産まれる事があるようです。

女性に悪い話も・・・

こちらの女性に悪い話も出てきました。妊娠中に喫煙したり飲酒したりしていて、この日も出産間近というのに一人で電車で遠出なんてありえないといった意見もあります。

電車に乗っていたのは、病院に行くためで致し方ない部分がありますが、妊娠中の喫煙と飲酒はお腹の子供に悪影響が出てしまうので、言語道断と言わざる負えません。

また、こちらの影響により電車は30分のストップで2100人の乗客に影響が出ました。通常電車を30分間も止めた場合はJRに対し、莫大な賠償金を支払うはずですが、今回の場合は女性に請求はいかないと思います。

今回の事で、JR職員にも手間をかけさせ、何より全く関係ない乗客からしたらいい迷惑です。

まとめ

電車内での出産というのは初めてのケースかも知れませんが、調べてみるとアンビリバボーや世界仰天ニュースなどで、タクシー内で出産したケースや自宅のトイレで出産したケース等、様々あるようです。

特に初産よりも、二人目三人目の出産となると、予定よりも早く生まれる場合があるので要注意だそうです。

今回のケースでは、場所が場所だけに大事となってしまいましたが、これから出産予定の方には「対岸の火事」ではなく自分にも降りかかるかもしれない事案として、心に刻みましょう。