田代良徳はIT会社で大成功?大相撲の元力士から180度転身の人生とは?

大相撲で活躍していた元力士である田代良徳さんが、引退後にIT会社を立ち上げて成功しているという事で話題になっています。

力士からIT関係と全く真逆な人生の転換期には、一体何があったのでしょうか?

田代良徳さんの立ち上げたIT会社とは、主に企業やお店などのホームページなどを制作する会社で、その出来栄えに好評を得ています。

それでは、田代良徳さんのIT会社について詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

田代良徳さんのIT会社とはweb制作の会社

田代良徳さんの立ち上げた会社はデックス合同会社という会社で、主にweb制作をする会社となっています。

事業内容

不動産管理

WEBサイト制作・管理・運営

WEBコンサルタント事業

相撲モデル派遣

相撲イベント企画・運営

相撲用品レンタル(着物・かつら・まわし等)

web制作した会社は多岐に渡り、病院から飲食店、企業など様々です。

その出来栄えを見てみましたが、大柄な田代良徳さんの体格とは不釣り合いなほどに、繊細で綺麗な仕上がりとなっています。

web制作の他にも、相撲時代の経験を生かし、イベントや相撲のモデル派遣などもしています。

スポンサードリンク

田代良徳さんは何故パソコンスキルが高いのか?

デックス合同会社の前身である、デックスワークスを創業したのが、2007年からですから、今から約13年前になります。

しかし田代良徳さんは、20年以上前からホームページを制作するスキルを持っており、その長年のキャリアからweb制作はお手の物という事になります。

20年前といえば、まだ相撲取りとして現役の時で、当時は玉ノ井部屋に所属していましたが、その当時から玉ノ井部屋のホームページを管理していたといいます。

その当時は、まさかweb制作が本業になるとは夢にも思っていなかった事でしょう。

芸は身を助けるといいますが、そのパソコンの経験が相撲取りを引退した後でも行かせたという事です。

田代良徳さんの気になる年収

田代良徳さんは、web制作の他にも不動産管理だったり、相撲関係のイベントの仕事など手広く活動されています。

例えばweb制作で言えば、相場は会社によってマチマチですので、一概に言えませんが、田代良徳さんの制作しているホームページは、テンプレートも使わずに、かなり手の込んだ仕上がりになっております。

その為、1つのホームページを作り上げてもらうのには相当金額が掛かるものと見られます。

一般的には、1つのホームページ制作で20万~30万と言われていますが、田代良徳さんの会社では手が込んでいるだけに、予想ですがもう少し金額が高いかもしれません。

web制作でもこれだけの売り上げがあるのですから、他の事業も合算すると月100万円以上は軽く超えているかもしれません。

年収的には1000万は超えているのではないでしょうか。

スポンサードリンク

田代良徳さんはIT関係以外の仕事でも成功してきた

力士引退後には、IT関係以外にも様々な仕事をしてきたといいます。

ケーブルテレビの会社に勤めたり、スーパーの店員なども経験してきました。

田代良徳さんは、身長が188㎝もありますので、スーパーにいたらひときわ目立つ存在でしたが、たった1年でスーパーの店長を任される存在となりました。

その裏には、お客さんが喜ぶような売り方を常に考えた結果、スーパーの売り上げが劇的に上がったことが要因だったといいます。

こちらのスーパーでの経験も活かし「浅草ちゃんこ場」というちゃんこ鍋屋でちゃんこ長として、年に数回程度ですが厨房にも立つそうです。

まとめ

大相撲の力士からIT関係の仕事でブレイクを果たした田代良徳さん。

相撲の方では、横綱にはなれませんでしたが、IT界では横綱になって頂きたいです。

また、相撲とITの融合で、世界に相撲の素晴らしさを発信するというのも、面白いのではないでしょうか?

田代良徳さんの更なる活躍を期待しています!

スポンサードリンク