相田翔子メニエール病の原因とは?名医皿井靖長医師との意外な関係

元winkの相田翔子さんが、テレビで初めてメニエール病である事を告白しました。

メニエール病が原因で、芸能界の引退も考えたという相田翔子さんですが、このメニエール病の症状とはどの様なものなのでしょうか?

winkのファンだった管理人からも独自の視点でメニエール病の原因を考察します。

また、この難病であるメニエール病から相田翔子さんを救ってくれたという皿井靖長医師についても詳しく解説されています。

皿井靖長医師と相田翔子さんは、意外な関係でも繋がっていました。

スポンサードリンク

相田翔子さんが患ったメニエール病とは?

相田翔子さんは、2008年~2009年あたりに、メニエール病を患ったといいます。

メニエール病になりますと、このような症状に見舞われます。

激しい回転性のめまいと難聴・耳鳴り・耳閉感の4症状が同時に重なる症状を繰り返す

この時の相田翔子さんは、タレントとして人気が出て、非常に多忙な時期でした。

そのような時期にこれだけの症状が出てしまっては、芸能活動もままなりません。

この時に、芸能界の引退も考えたといいます。

スポンサードリンク

wink時代の26歳の時も突発性難聴を患う

相田翔子さんは、メニエール病になる前には、突発性難聴も患っていました。

この時は、winkとして睡眠時間も無いほどに働いていた為に、身体的にもかなりのストレスとなり、突発性難聴になってしまったそうです。

突発性難聴になった時はこのような症状に襲われました。

「あるとき平衡感覚がおかしくなってしまい、歌ったり踊ったりするのがとてもつらくなって。おかしいなと思っていたら、耳の中でゴーと大音量が鳴るようになり“もう限界”となって、2週間入院治療をしました」

突発性難聴とメニエール病と、2回も耳の病気を患ってしまった相田翔子さん。

本当に、仕事上のストレスからこのような病気になってしまったのでしょうか?

相田翔子さんの突発性難聴とメニエール病はコンサートの大音量が原因ではないか?

winkファンだった私は、十代の頃にコンサートに行ったのですが、その時にあまりの大音量に耳をふさぎました。

winkに会えた喜びよりも、あまりの大音量により、しばらく耳が痛かったのを覚えています。

会場のかなり離れた場所で、これだけ耳がおかしくなるのですから、巨大スピーカーの横で歌っている相田翔子さんは、もっと耳がおかしくなるはずです。

しかも、その日1日だけではなく何日もコンサートは続くわけですから。

個人的な意見ですが、相田翔子さんが突発性難聴とメニエール病にかかった原因は、コンサートによる大音量が原因と見ています。

スポンサードリンク

名医・皿井靖長医師との出会い

難病の突発性難聴とメニエール病にかかってしまった相田翔子さんですが、現在は完治しているといいます。

相田翔子さんの病気を治してくださった名医が皿井靖長医師だといいます。

四谷皿井医院耳鼻咽喉科の先生で、耳鼻科の名医として名を馳せています。

相田翔子さんと皿井靖長医師との関係ですが、相田翔子さんの旦那さんである医師の相澤宏光さんと遠縁である事から、紹介された可能性が高いです。

旦那さんとのつながりがなかったら、今でもメニエール病で苦しんでいたかもしれません。

まとめ

相田翔子さんは、突発性難聴とメニエール病の両方を患ってしまいましたが、見事に完治されました。

今でも後遺症はあるかもしれませんが、良いお医者様との出会いが、運命を変えられましたね。

国内でも突発性難聴とメニエール病に苦しんでいる方が大勢いますが、皿井靖長医師のような素晴らしい名医と出会えたことに運命を感じます。

これからも相田翔子さんには芸能界で頑張ってほしいです。

スポンサードリンク