別役実が死去!死因や病名は肺炎!家族の妻(嫁)と子供などを調査

日本を代表する劇作家の一人、別役実さんが、肺炎のため82歳で亡くなりました。

お亡くなりになられたのは、3月3日ですが、故人の遺志により葬儀は近親者のみで執り行われ、3月10日に公表されたという事です。

別役実さんは、肺炎でお亡くなりになられましたが、長らくパーキンソン病を患っており、直接の死因はパーキンソン病からくる体調不良だったかもしれません。

それでは、別役実さんの死因や生前患っていたパーキンソン病や、家族の事について調査します。

スポンサードリンク

別役実さんの死因は肺炎だがパーキンソン病を患っていた

別役実さんは、肺炎で亡くなられましたが、生前はパーキンソン病を患い、入退院を繰り返していました。

現代医学では、パーキンソン病は不治の病ではなく、適切な治療でかなりのところまで改善できるといいますが、まだ完治するまでには至らないといいます。

別役実さんも長年パーキンソン病で苦しめられ、生活もままならなかったそうで、日常生活も困難な状況だったはずです。

パーキンソン病の症状

パーキンソン病になりますと、手足が震えたり筋肉の硬直などが起きてきます。

主な芸能人でパーキンソン病を患っている方は、マイケルJフォックスさんや、モハメドアリさんらがいます。

彼らの状態を見ますと、歩くのもままならず、体が思うように動かせなくなってしまったのが分かります。

スポンサードリンク

別役実さんの実績は甚大

別役実さんは、劇作家として大きな実績を残されました。

別役実さんの作品であるエッセイや小説などは、学生からお年寄りまで幅広い世代で読まれ好評を得ていました。

戯曲、小説、エッセイ、何を書いてもうまくて面白かった。
特に真っ赤なウソをいかにももっともらしく書くエッセイは
多分誰にも真似できないレベルだと思う。

 

戯曲は難解だけど、入り込んでしまってすごい作品でした

 

戯曲と言えば 別役実 と言えるほどの第一人者だった。不思議すぎて理解するのに苦労するが、奥が深く大好きな方でした。

戯曲に関しては、あまりにもマニアックすぎて理解するのが難しいという方も多いですが、それだけ独特な世界観を持っていたという事になります。

エッセイや小説の方は、学生にも若い安い内容で、若年層に方にも受け入れられていました。

別役実さんの妻は女優の楠侑子さんで子供はイラストレーターのべつやくれいさん

別役実さんの家族は3人で、妻は女優や声優などをやっていた楠侑子さんです。

数々の映画やドラマに出演経験のある女優さんです。

特に、3匹の侍シリーズやザ・ガードマンではレギュラー出演していました。

子供は一人娘のべつやくれいさんで、イラストレーターをしております。

両親は、芸能界で活躍されていましたが、べつやくれいさんは、イラストの世界で活躍されております。

スポンサードリンク

まとめ

別役実さんが82歳で肺炎で亡くなられましたが、生前はパーキンソン病を患っていたということでした。

別役実さんが亡くなられましても、著書のエッセイや小説などは、永久に残り続けますので、作品を見て別役実さんの世界を知ることができます。

別役実さんのご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサードリンク