山本朋広副防衛省が宿泊の都内ホテルはグランドヒル市ケ谷!税金の無駄遣いと批判殺到!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

防衛省は2日、山本朋広副防衛相が公費約118万円を使い、146泊、東京都内のホテルで宿泊していたと発表した。

自民党が、お金に関するトラブルが相次いでいる中で、またしてもお金にまつわるトラブルを起こしている事が発覚しました。

山本朋宏副防衛省は、自民党で4回も当選を果たした若手の有望株です。

しかし今回、税金の無駄遣いともとれる必要のないホテル住まいをしていたとして、批判を浴びています。

山本朋宏副防衛省が宿泊していたホテルとはどこだったのでしょうか?

スポンサードリンク

山本朋宏副防衛省が宿泊していた都内ホテルはグランドヒル市ヶ谷

こちらが、山本朋宏副防衛省が宿泊していたグランドヒル市ヶ谷になります。

最初に副防衛相に就任した2017年8月から18年10月の間に134回(計107万7780円)泊まり、再任された19年9月から10月の間、12回(計9万7650円)宿泊し、いずれも公費負担だった。

公費の118万円を使い、146泊もしていたというのです。

国民の大事な税金で、議員さんはホテル住まいをしていたという事で、ネットを中心に批判されています。

スポンサードリンク

政務三役が議員宿舎に入居しないケースは初めて

今回問題になっているのは、政務三役が過去に一度も公費を使ってホテルの宿泊費を捻出していない点です。

防衛省は、山本朋宏副防衛省に対して公費の返却は求めていないといいますが、国民が納得できません。

河野太郎防衛相から指摘を受けて、昨秋からようやく議員宿舎の方に移り住んだようですが、河野太郎防衛相に指摘を受けなければ、今でもホテル住まいだった可能性が高いです。

国民の上に立つ人がこのようなスタンスで良いのでしょうか?

ネットでの反応

税金や公費を私物化できるから政治家の人達って政治家になったの?

 

自腹で泊まりましょう。公費は返還で。しかるべき責任も取りましょう。公費の返還は求めていない 理解できない。税金です。甘やかさないで。

 

全額返金してよね! ていうか、公費が自由にいくらでも使えることが間違ってるんだよな。

防衛省では、現在のところ山本朋宏副防衛省に対し、ホテル代の返還は求めていませんが、世論の後押しで返還せざる負えない事態におちいるかもしれません。

こういったお金のトラブルが曖昧になったまま、過ぎ去ってしまいますと、またしても自民党不振におちいってしまいます。

スポンサードリンク

山本朋宏副防衛省を擁護する声も多い

山本朋宏副防衛省は、グランドヒル市ヶ谷に滞在していましたが、自らが望んで宿泊していた訳では無く、防衛省が宿泊施設として用意したといいます。

グランドヒル市ヶ谷は、議員宿舎より近く、一泊の宿泊費も8,000円と比較的リーズナブルではないでしょうか。

ちなみに一泊8,000円というのは、同ホテルでは最安値になります。

現実的に、議員宿舎からタクシーで乗車する事を考えれば、近くのグランドヒル市ヶ谷に住んだ方が、安く済むかもしれません。

しかし、公費を使ってホテル代を捻出している事には、皆さん納得できないようです。

山本朋宏副防衛省は以前にも問題を起こしていた

山本朋宏副防衛省は、2019年に陸上自衛隊のヘリコプターが住宅に墜落した事故の謝罪のために訪れていた佐賀県で、前日のツイートで「焼き鳥が美味しいな~」などの不適切発言をしていた事がありました。

「美味しいなぁ~。皆様も佐賀に来県の際は、あたり鶏を!」

謝罪のために佐賀県にまで来ているのに、自身のツイッターでこのような発言をしているのは、本当に謝罪のために来ているのか、公務で形だけ来ているのか分からなくなります。

その後、ツイートは削除されましたが、自治体の職員からは、何を考えているのか分からない等のあきれた発言をされていました。

まとめ

昨年までは、グランドヒル市ヶ谷に宿泊していた山本朋宏副防衛省ですが、昨秋から衆院青山議員宿舎(港区)に入居しています。

ホテル代は一泊8,000円とそこまで高くない気はしますが、トータルでは118万円にもなるのです。

こちらのお金は、国民一人一人の血税という事をもう一度理解して欲しいです。

スポンサードリンク