【レジ袋有料】男性の死因や顔画像・秦野市中古品店の場所を調査

スポンサードリンク
2月6日に、神奈川県秦野市の中古品店で買い物をした66歳の男性が、レジ袋が有料だった事に激高し、店内で暴れたため、神奈川県警秦野署に連行されましたが、その後に死亡しました。

今までの感覚ですと「レジ袋は無料」という固定概念が残っており、お金を払わされるのが、苦痛という方もいらっしゃいます。

特にお年寄りですとこの感覚は顕著で、わずか数円でも支払いたくなかったのかもしれません。

それでは、事件の詳細、亡くなった男性の死因、買い物した中古品店を調査します。

事件の詳細

※イメージ

同署によると、男性は6日午後2時50分ごろ、同県秦野市内の中古品店での支払い時に「レジ袋が有料」と言われ激高し、店員の胸ぐらをつかむなどした。

通報を受けた同署員が署に連れて行き保護。

署内で引き続き暴れたため、署員5人が頭や両足、両腕をつかむなどして別室に移したところ容体が急変し、搬送先の病院で午後6時10分ごろに死亡した。

警察署に連行されますと、大半はおとなしくなるのですが、男性の怒りは収まらず、署内でも暴れたようです。

スポンサードリンク

男性の詳細

住所:神奈川県小田原市

年齢:66歳

職業:無職

一般人のため、顔画像や氏名などは非公開となっております。

男性の死因

ネットでの意見はこちらです。

興奮し過ぎて血圧が上がったのかと思います。

 

血圧上がっちゃったんじゃないの?
血圧の急激な変化って良くないんだよねぇ。

 

興奮しすぎて心臓発作でもしたか、脳の血管切れたかだね

 

血圧上がってか、もしくは頭部打撲による脳出血かなと思う 警察は悪くない

男性の死因については、今のところ公表されていませんが、66歳というご高齢だっただけに血圧の上昇がよくなかったのではないか?という意見が出ていました。

特に、2月は気温が低いので、血圧の急上昇などは気を付けたいですし、お年寄りの場合は、心筋梗塞なども注意が必要です。

スポンサードリンク

買い物をした中古品店

※イメージ

同県秦野市内の中古品店

買い物をしていたのが秦野市内の中古品店という事で調べてみました。

オフハウス秦野店・がいあ東海大学駅前店・ガレージオフ秦野店

市川古美術店・こみやま古美術店・なっとくや・ハードオフ秦野渋沢店

ブックオフ秦野渋沢店・松島商店・リサイクルブティックCatona秦野店

さすがに都会だけあって、秦野市だけでこれだけのリサイクルショップがあり、特定は困難となりました。

スポンサードリンク

レジ袋有料化は当たり前の時代に

ご覧いただけますと分かりますように、全国各地でレジ袋有料化の動きが活発になっております。

特別、秦野市の中古品店が有料化に踏み切っている訳では無いのです。

むしろ、資源の確保や環境問題からレジ袋有料化は、好意的に捉えている方の方が多いのです。

しかし、未だにレジ袋は無料という意識が残っている方からしますと、わずか数円でも無理やりとられたという感覚におちいってしまうのかもしれません。

日本も使い捨て文化を止め、欧米のように物を大切にする文化を見習いたいものです。

スポンサードリンク



おすすめ記事