小保方晴子の勤め先(バイト)の洋菓子店はどこ?雀荘通いや意外な特技とは?

スポンサードリンク

STAP細胞で一躍有名になった小保方晴子さんですが、現在はどのような暮らしをしているのでしょうか?

「リケジョの星」とまで言われた彼女ですが、現在では全く理系とは関係のない職業についている事が判明いたしました。

それでは現在の小保方晴子さんについて詳しく解説致します。

現在の職業は洋菓子店勤務

現在の職業は意外や意外、都内の洋菓子店に勤務しているようです。

理化学研究所時代は、白い割烹着姿が印象的でしたが、現在では白衣にエプロンを付けて一生懸命働いております。

なぜ勤め先(バイト)を洋菓子店にしたのか?

小保方晴子さんは、実は研究所時代からケーキなどのスイーツ作りが得意で、研究の合間にケーキ作りの修行をしたり、しっかりケーキ教室に通って腕を磨いたといいます。

得意のケーキを作っては、お世話になっている方達に振舞っていたそうです。

テレビでも小保方さんが作ったケーキが紹介されていました。

とてもおいしそうですが、よく見るとケーキの上に載っているチョコレートが実験用のマウスになっているのが驚きです。

これは、ギャグの為にやったのか、それとも実験用のマウスの供養のために作成したのか定かではありませんが、ビジュアル的に食欲が減退してしまいます。

スポンサードリンク

勤務している洋菓子店の場所

現在では、小保方さんが務めている洋菓子店は都内という事しか分かっていません。

都内には、複数の洋菓子店が乱立しているので、特定は難しいですが、内装が大きな石張りとお洒落なカウンターと特徴的な帽子を見れば、知っている方なら一目瞭然で「あの店だ!」と分かってしまうのではないでしょうか。

①内装の壁が大きな石張り

②お洒落なカウンター

③特徴的なお店の制服

知っている人がいても、やじ馬が殺到してしまうので、そっとしておいてあげましょう。

スポンサードリンク

雀荘通いの謎

小保方さんが洋菓子店でバイトをしているのは理由が分かったのですが、雀荘に通っているのが意外ではないでしょうか。

現在では、女性でも雀荘に通う人が増えているとはいえ、小保方さんにはとても麻雀をやっている姿がイメージできません。

しかしこちらの映像が取られていました。

洋菓子店と同様にマスクをしていますが、小保方さんが男性客に混じって麻雀を打っているのです。

雀荘通いではこちらのような情報があります。

「フリー雀荘に通っているとは相当な腕前。社会人になってから覚えたのではなく、小保方さんはワセジョ(早稲田大学の女子学生)ですから、サークルや研究室の関係で鍛えられたのでは」(早大理工学部OB)

麻雀は趣味なのか、それとも女性雀士を目指しているのかは定かではありませんが、雀荘に来る人はかなりの強者ぞろいです。

私の知り合いが雀荘に行った際、店にいた知らない客と麻雀を打ったのですが、全員盲牌で、少しでも悩んだりすると「早くしろ」と叱責されたそうです。

そのような、強者ぞろいの雀荘で打っているのですから、小保方さんは麻雀に関しても相当な腕前である事は確かなようです。

スポンサードリンク

小保方晴子さんの意外な特技

小保方さんは、世間ではあまり知られていないもう一つの特技を持っています。

それが手相占いです。

「手相占いが得意であることも明かされています。小保方氏に手相をみてもらうために、友人が行列をつくっていたといいます。行列ができるほどですから、かなり当たっていたのではないでしょうか」(前出・芸能記者)

手相と言えば、芸能人でいえば島田秀平さんやゲッターズ飯田さんが有名ですが、小保方さんも友人の手相を見てあげたそうです。

スポンサードリンク

まとめ

理化学研究所を離職されて、現在では特技を生かして洋菓子店でバイトをしている小保方晴子さん。

今、一生懸命に生きているので、お店を特定するような事は止めましょう。

雀荘に通っているのも、趣味の一環かもしれませんが、麻雀を打っている時は過去の嫌な事を忘れられるのかもしれません。

もう、研究の方へは戻る事は無いかもしれませんが、その才能を生かす仕事があるのであれば、もう一度リベンジしてみても良いのではないのでしょうか?

スポンサードリンク