長渕剛が緊急入院した病院は?急性腎盂腎炎の症状や復帰時期と映画「太陽の家」についても調査

スポンサードリンク

人気歌手の長渕剛さんが急性腎盂(じんう)腎炎の為、都内の大学病院に緊急入院していた事が12月23日に判明しました。

入院先の大学病院については伏せられている為、明らかになっていませんが、病気に至る経緯や、急性腎盂(じんう)腎炎について詳しく調べてみました。

病気に至る経緯

長渕は、17日のシネマ&ライブツアー(10か所17公演)の最終公演(千葉・舞浜アンフィシアター)の後から腹部の痛みと発熱の症状が出たという。20日になると、悪化。極度の痛みと高熱を訴えたため、都内の大学病院に緊急搬送された。

 現在も入院中。2週間程度、絶対安静の状態が必要で、医師の判断の下、無念のドクターストップになった。

徐々に痛みや発熱が出てきて、20日に耐え切れなくなり病院に緊急搬送されたようです。

常人ですと、初期症状が出た時点で安静にしますが、体が動かなくなるまでライブをやろうとする姿勢は、長渕剛さんのプロ根性の強さがうかがい知れます。

現在、2週間程度の絶対安静が必要なので、病状によってはかなり長引く可能性があります。

スポンサードリンク

急性腎盂腎炎とは?

腎盂腎炎とは、腎臓の根元の部分である腎盂じんうに細菌が付着して炎症を起こす細菌感染症です。

女性がかかる割合が多く、急性と慢性がありほとんどの場合が、急性腎盂腎炎だそうです。

長渕さんの場合もこちらの急性腎盂腎炎でした。

急性腎盂腎炎の症状

悪寒や震えを伴う38℃以上の発熱、吐き気、嘔吐などの風邪に似た症状が現れます。頻尿になりますが、1回の尿量は少なく、排尿痛や残尿感があります。また、白血球が混入して尿が白濁します。

症状としては、風邪に似ている為、分かりにくいですが尿の色が異常に変わるので、そちらの方で判断がつくといいます。

スポンサードリンク

23日は映画「太陽の家」の完成披露舞台あいさつ日だった

この日、東京・TOHOシネマズ六本木で行われた映画「太陽の家」(来年1月17日公開、権野元監督)の完成披露舞台あいさつを欠席。壇上で、スタッフから欠席する旨が伝えられると、どよめきが起こった。

長渕にとって「英二」(99年)以来21年ぶりの映画主演作。神業的な腕を持ち、やんちゃで人情味の厚い大工の棟梁(とうりょう)を演じた。

太陽の家の主演である長渕さんがいない事で、寂しい舞台挨拶となってしまいましたが、共演した広末涼子さんや飯島直子さんらが、長渕さんの復帰を願うコメントを出されていました。

スポンサードリンク

映画「太陽の家」では長渕食堂が登場!

太陽の家の出演者である飯島直子さんが、映画の番宣の為に「メレンゲの気持ち」に出演された際に、長渕剛さんの仰天すぎる差し入れを紹介していました。

通常ドラマや映画の差し入れと言いますと、お菓子やお弁当などが定番となっていますが、長渕さんの場合はスケールが違います。

なんと、映画の撮影現場に本職の寿司職人を招いて「長渕食堂」なる食堂を開いてしまうのです。

食堂というよりは、明らかに出張板前寿司ですが、出演者の皆さんもテンション上げまくりで、撮影の方も順調に行った事でしょう。

飯島直子さんは、長渕剛さんとは初共演だったそうで、実在する人物だとは思わなかったと語っています。

しかし、映画の中で飯島直子さんが長渕剛さんを叩くシーンがあったのですが、NGを2回出してしまい、結果的に3回叩いてしまったというエピソードも語ってくれました。

スポンサードリンク

まとめ

長渕さんが患ってしまった急性腎盂腎炎という病ですが、なった人でしか分からない程の強烈な痛みがあるといいます。

強靭な肉体を誇る長渕さんですが、音楽ライブに役者の仕事と多岐に渡る為、相当疲れていたのかもしれません。

年齢も63歳と高齢者になるので、この機会にしっかり静養されて、またパワフルなライブを見せて頂きたいです。

スポンサードリンク