馬場ももこアナ炎上!行列で林マオと出演し面白いのか下品なのか賛否両論

スポンサードリンク

1月14日放送の「行列のできる法律相談所」に出演した馬場ももこアナ。

テレビ金沢所属のアナウンサーとは思えないハイテンションぶりに共演者並びに視聴者は、度肝を抜かれてしまいました。

その型破りな性格ゆえか、出だしからハイテンションで新人の女性お笑い芸人かと見紛う始末です。

馬場ももこアナの経歴から見てみましょう。

馬場ももこアナのプロフィール

出身地 新潟県新潟市
生年月日 1991年12月8日(26歳)
最終学歴 早稲田大学
勤務局 テレビ金沢
職歴 佐渡テレビジョン(2014年4月 – 2015年1月)
テレビ金沢(2015年3月 – )

テレビでもおっしゃっていましたが、新潟県の佐渡島出身で大学卒業後は地元の佐渡テレビジョン(ケーブルテレビ)でアナウンサーを務めた後、テレビ金沢に移動したようです。

行列で一緒に出演されていた林マオアナとの関係は、ミヤネ屋で林マオアナが夏休み中に馬場ももこアナが代役を勤めた事がきっかけで嫉妬していたそうです。

しかし、林マオアナの旦那さんはミヤネ屋のディレクターなので、馬場ももこアナをキャスティングしたのは林マオアナの旦那さんではないかと言われており、林マオアナはショックを受けているようでした。

林アナは馬場アナが苦手

林アナは、馬場アナが近づいただけで手を払いのけていたので、本当に苦手というのがよく分かります。

ミヤネ屋での代役時、馬場アナは役割を率なくこなし問題は無かったようですが、今年の夏休みは馬場アナが代役を務めないように、林アナは休まないと決めています。

それほどまでに馬場アナが自分の代役を務められるのが嫌なのではないでしょうか。

さすがに行列の時の様なハイテンションではないと思いますが、あのキャラクターがウケてそのまま交代という事もありえます。

スポンサードリンク

ネットでは馬場ももこアナをめぐって大炎上

時代の流れなのか、地方の局アナという事で緩いのか馬場アナの暴走は止まりません。公共の電波を使ってアナウンサーでありながら私生活を暴露しまくります。

アナウンサーとしてはご法度の彼氏の話やキスした話などをあからさまに暴露してしまいます。テレビ金沢からは許可をもらっているとはいえ、やり過ぎ感は否めません。

この放送を見た一般視聴者からは、肯定派と否定派で真っ二つに割れてしまいました。私が見た感じですと約7割は否定派が占めていました。

肯定派

  • 面白かった
  • 批判に負けるな応援しています
  • 馬場アナらしく頑張って

否定派

  • 見てて不快だった
  • アナウンサーとして不謹慎
  • 二度と見たくない常識なさすぎ
  • アナウンサーの品格に欠ける

こういった意見が寄せられました。テレビのバラエティーとしてみている人達には、馬場アナの天真爛漫なキャラに魅了されウケていました。しかし、アナウンサーという立場からするとプライベートな話題を何でも話してしまう馬場アナに嫌悪感しか感じなかったのではないでしょうか。

馬場アナと林アナは番組終了後に和解

林アナは本当に馬場アナの事が本当に嫌いという訳では無く、苦手という事でしょうか。番組終了後は何とか和解したようです。

馬場アナの今後についてですが、まだそのハイテンションキャラは続き、落ち着くまではもう少し時間が掛かりそうです。

古い話ですが、昔キンキン(愛川欽也)がやっていた「なるほどザワールド」という番組がありましたが、そこに名物アナウンサーとしてひょうきん由実(益田由美)の愛称で人気ががあった女性アナウンサーがいました。

そのアナウンサーも破天荒な感じで、アナウンサーとは思えないようなキャラでお茶の間に人気があり「なるほどザワールド」という番組が高視聴率の長寿番組となったのです。

個人的には、堅苦しいイメージのアナウンサーにも馬場アナの様なアナウンサーがいても良いのではないか?と思う次第でございます。

スポンサードリンク