志葉玲 ガキ使でベッキーにタイキックと顔面黒塗り浜田雅功を痛烈批判

スポンサードリンク

毎年、年末の風物詩となっているガキの使いのスペシャル番組。

今年もずば抜けた人気を誇り、民放で視聴率1位の称号を手に入れたダウンタウンと他のメンバーたちに拍手を送りたいです。そんな事もつかの間、今回は二つの出来事について騒動というか大問題が起きているようです。

浜田雅功の顔面黒塗りメイク

まずは浜田さんの黒塗りメイクから。いつもながら「最後の落ち」として浜田さんがどの様な姿で現れるかワクワクしてみるファンは多いです。

毎回女装して現れる事が多かったのですが、今回は意外にも男性で黒塗りメイクで現れました。これは人気映画ビバリーヒルズコップのエディマーフィーを模した物として、番組内では大うけでした。

しかし、黒人を侮辱しているといった意見や黒人をバカにして笑いを取っていると捉えられ批判の的となってしまったのです。

黒塗りメイクをさせられた浜田雅功にまで批判が来るのはおかしな事だと思いますが。

ベッキーへのタイキック

続いてはベッキーさんについて。ベッキーさんは言わずと知れた不倫騒動で、一躍渦中の人となったタレントです。以前の明るく優等生的なキャラは鳴りを潜めて、現在では矢○真里さんのように自虐キャラに変貌を遂げた感があります。

そんなベッキーさんは笑ってはいけないに出演され、禊としてタイキックを受けたのでした。

番組内では、その行為が「笑い」として処理されましたが、ネットを中心に批判の声が上がるようになり、これは禊ではなく単なる女性に対する暴力といった声がで始めたのです。

スポンサードリンク

フリージャーナリスト志葉玲さんの見解

日テレ系の年末特番「ダウンタウンのガキの使いやあらへんでSP 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時」は様々な点で酷いものだった。ダウンタウンの浜田雅功が黒人を風刺したかのような黒塗りのメイク(黒人達からは彼らへの侮蔑と受け取られる)で登場したことについては、BBCやワシントンポストなどの海外メディアでも報道される騒ぎに発展しているが、もう一つ、見過ごせない大問題があったので、本記事ではそちらについて指摘しておきたい。番組中、タレントのベッキーが無理矢理、抑え込まれて、タイ式キックボクシング(ムエタイ)の使い手にキックで強打された上、痛がる姿を笑いものにされたということだ。
出典:https://goo.gl/5pC42V

志葉玲さんという方は、今回こちらのニュースで初めて知った方ですが、高学歴で海外にも赴き様々な取材をされているようです。ヤフーニュースでも独自の視点で今回の様な問題に対し見解されています。

私は、低学歴で難しい事は分かりませんが、確かに書いていることは正論で黒人を笑いものにしたり暴力を笑いに変えてしまうのは、どうかなと思いますが、あまりにも話がでかくなりすぎているように感じます。

笑ってはいけないという番組の特性

今回の件では、黒人問題や女性への暴力といった社会問題とリンクしている為、大ごとになったのだと思います。

それでは、黒塗りではなく白塗りだったらどうだったのか?ベッキーさんがタイキックされたが、毎回蹴られている田中直樹さんは芸人だから問題無いのか?

ベッキーさんも申し訳ないですが、笑ってはいけないに出演している以上、番組の特性は理解した上で出演しているはずです。この番組に出た以上、何かしらのアクションはあってしかるべきではないでしょうか。

本当に出たくないのであれば、最初から出演を断ればいいだけの話です。(タイキックを受けるという話を聞いていたら断っていたかもしれませんが・・・。)

女性への暴力という視点ではなく、タレントとしてこういったコンセプトの番組で過去の自分の過ちを少しでも精算できるチャンスであります。番組制作者もその事を分かっていて、視聴者にタイキックでダメージを受けているベッキーにさんを映す事で、世間からの批判を少しでも緩和させてあげようという意図があったのかもしれません。

収録後、本人が本気で怒ったり、怪我をしてしまったというのであれば話は変わりますが、実際にムエタイの選手も手加減して蹴っていますし、ベッキーさんも骨折や怪我をした訳では無いので、これで丸く収めて欲しいです。

まとめ

私は今回の笑ってはいけないは見ませんでした。(ベッキーのタイキックと黒塗りメイクだけユーチューブ動画で見ました)

番組の内容もワンパターン化して無駄に長すぎるので飽きてしまい、ほとんど早送りして観ているのにも馬鹿らしくなったのです。

お仕置きのケツバットも初期の頃は本当に痛かったようですが、今のケツバットは音が鳴るだけで大して痛くないように感じます。松本人志さんは、ケツバットをやられた後リアクションを忘れ、ワンテンポ遅れて痛がる時があります。

毎年、笑ってはいけないは終了するのではないか?といった憶測が出ますが、これだけの視聴率を稼ぎ出す番組を日テレが終わらせるはずがありません。ダウンタウンの体力が続く限り番組は無くなることは無いでしょう。

視聴率も然る事乍ら、DVDの売り上げも好調で海外にも映像が流れているそうです。

ドル箱の笑ってはいけないを終了させない為にも、今回の演出を見直し、楽しい番組作りを続けて下さい。

スポンサードリンク