中国の横断歩道での事故動画!犯人は31歳の美容師の男

中国の大連で、非常に恐ろしい事故が起きてしまいました。

横断歩道を歩いていた人達に対して、ノンストップで車を走らせて突っ込み、そのまま逃走したのです。

現場は、稀に見る大惨事となりました。

今回は、中国で起きた事件の詳細と、犯人の詳細、事件の動機などについて詳しく調査していきます。

・事件の詳細

・犯人の詳細

・事件の動機

中国の横断歩道で事故の動画

社会への報復として車が歩行者に突っ込み、10人が死傷しました。 22日、中国の大連で乗用車が横断歩道に突っ込み、5人が死亡し、5人がけがをしました。

引用元:テレ朝news

事故が起きたのは5月22日で、中国の遼寧省「大連」でした。

中国の大連と言えば、かなりの人口密集地帯ですが、この日も大人数が一斉に横断歩道を渡ろうとしていたところに、乗用車が突っ込んできたのです。

横断歩道を渡っていた人達は、まさか車が突っ込んでくるとは思わずに、逃げる間もなく一瞬で命を落としてしまいました。

この事故により10人が死傷し、5人の方が亡くなり、5人が重軽傷を負いました。

事故の無修正動画

日本の報道では、車と人がぶつかる寸でのところまでしか、放送していませんが、ツイッター上に中国の動画が存在していました。

かなりショッキングな動画となっていますので、見る方は自己責任でお願いします。

Twitter

※リンク切れ注意です。

犯人は31歳の美容師の男

この残忍な犯行を行ったのは、31歳の美容師の男でした。

犯行の動機は、投資に失敗し、自身の生活が困窮した事でした。

自分が、このような事態になったのは社会が悪いと勝手に決めつけて、誰でもいいからあやめてしまおうと考えての犯行だったのです。

何とも身勝手な考え方です。

美容師の男が乗っていたのはBMW

美容師が乗っていたのは、ドイツの高級車BMWです。

本業の美容師の収入ではとても買えない高級車ですが、投資で儲けた金で購入したのでしょう。

しかし、このような事態におちいり、BMWも手放さないけなくなり、自暴自棄になって車も大破させました。

もうやりたい放題です。

日本でも同様の事件は起きている

まだ記憶に新しい、秋葉原で起きた事件です。

犯人の加藤智大被告は、自身の身勝手な理由で、秋葉原にいた人達を次々とあやめて行ったのです。

こちらは、車で衝突を起こしただけではなく、その後も追い打ちをするなど非常に悪質な事件でした。

その他にも、逮捕すらされない飯塚幸三事件もいまだに議論の的となっています。

中国での事故にネットでの声

・日本でも同じような事件がありましたね。運転してたのは高級老人でしたが。
・横断歩道は決して「安全地帯」ではないんだよね。
・中国では横断歩道の信号が青でも車が止まらないことはよくあるので驚かない。
・これはアクセルの踏み間違えではなくオートクルーズのまま走行したのだろう。

ネットでは、青信号に変わっても決して身を緩めずに、左右を確認して横断歩道を渡りましょうというのが、定説となっています。

信号が変わっても、車が突っ込んでくる事もありますので、気を緩めてはいけないという事です。

まとめ

中国で起きた、残忍な事件についてお伝えしました。

日本では、このような事件は、早々には起きませんが、加藤智大被告のような人間も潜んでいますので、警戒が必要という注意喚起のために取り上げました。

かなりショッキングな内容となっていましたが、誰にでも起こりうる事件ですので、誰しもがこういった事態におちいらないように注意して生活して行くようにしたいです。