徳永航の顔画像やFacebookは?台東区西浅草で事件

東京の台東区で、息子が実の母親を殴ってあやめるという事件が発生しました。

事件を起こした息子は徳永航容疑者で、日ごろから親子仲は良くなかったといいます。

今回は、徳永航容疑者が起こした事件の詳細と、顔画像やFacebook、事件の動機などについて詳しく調査していきます。

・事件の詳細

・顔画像やFacebook

・徳永航の犯行動機

・事件現場

スポンサードリンク

徳永航の事件の詳細

東京・台東区で65歳の母親の顔などを複数回殴り、ケガをさせたとして38歳の息子が逮捕されました。母親はその後、死亡が確認されました。

引用元:日テレNEWS24

事件があったのは、5月11日の夜で、日ごろの生活態度を注意されていた徳永航容疑者が、この日は激高し、母親を殴りつけたといいます。

高齢で力のない母親は、なすすべもなく殴られたことが致命傷になり亡くなってしまいました。

翌朝の午前4時半ごろに、息をしていない母親を発見し、自ら警察に通報したといいます。

駆けつけた警察は、徳永航容疑者が犯人と断定し、逮捕されました。

徳永航の家族構成

父親:不明

母親:徳永知子(65歳)

息子:徳永航

徳永航容疑者の家族は、3人家族で暮らしていました。

犯行のあった日は、父親が不在だったのか、日常的にこのような行為が行われていたので無関心だったのか、現在のところは分かっていません。

両親ともに、ご高齢な事もあり、年金暮らしだったと思われます。

スポンサードリンク

徳永航の顔画像やFacebookは?

氏名:徳永航(とくなが わたる)

年齢:38歳

住所:東京都台東区西浅草のマンション

職業:無職

徳永航容疑者のFacebookを調査したところ、同じ台東区で、同姓同名のアカウントを発見しました。

しかし情報量が少なく、本人の確証が得られない為に掲載は控えます。

Facebookのリンクだけ張っておきます。

Facebook

その他にも、インスタグラムやツイッターも調査しましたが、該当するアカウントはありませんでした。

徳永航の事件の動機は?

今回、息子の徳永航容疑者が、母親の知子さんを殴ってあやめてしまった訳ですが、犯行の動機とは何だったのでしょうか?

徳永航容疑者は、38歳の無職で、自宅マンション住まいです。

恐らく母親が働くように言い聞かせていたのでしょう。

近所の人の話でも、徳永航容疑者と母親が怒鳴りあう声が、日常的に聞こえていたといいます。

犯行があった日は、特に口うるさく言われて、カッとなって母親の顔や右腕を殴ったようです。

その後母親は、布団で横になっていたので、そこまではまだ動ける状態にありました。

しかし、その数時間後に息を引き取ったという事です。

徳永航容疑者の犯行動機は、

・働かないことを注意されたこと

・生活態度を注意されたこと

などが原因とみられます。

スポンサードリンク

徳永航の自宅(事件現場)はどこ?

徳永航容疑者たち家族が住んでいたマンションは、西浅草にある立派なマンションです。

マンションの4階に家族は住んでいました。

東京という事もあって、家賃も相当すると思われます。

スポンサードリンク

徳永航の事件にネットでの声

・生活態度が悪いから言われるのは当然の事。嫌なら自分で生活しろ!
・38歳にもなって無職で実家にいる方がおかしいって思わないのね。嫌なら出ればいいじゃん。
・自分の親を殺すなんて考えたくもないです。
・当たり前に、働けって言われてキレた口ですか

ネットではやはり、徳永航容疑者に対して非難が殺到しています。

38歳で無職なら、親であれば指摘するのは当たり前です。

まとめ

台東区西浅草のマンションで起きた、親子の事件についてお伝えしました。

この事件をまとめますと、

・日頃から母親が息子の生活について注意していた。

・犯行のあった日は、特に激高し母親を殴った。

・殴られた母親は、数時間後に息を引き取った。

このようになります。

今までの流れを見てみますと、起こるべきして起きた事件という気がしてなりません。

母親の知子さんのご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサードリンク