ウーバーイーツ配達員暴行のラーメン店は一風堂駒沢公園店!

4月17日の午後11時30分ごろに、ラーメン店で商品の配達の為に訪れていた、ウーバーイーツ配達員に対して、店員が暴行を働く事件が発生しました。

ウーバーイーツ配達員には、何の落ち度もありませんでしたが、ラーメン店の従業員に理不尽な扱いをされたといいます。

ウーバーイーツの普及で、全国で起きている事件ですが、何故このような事件が起きてしまうのでしょうか?

今回は、暴行事件が起きたラーメン店の店名と場所、暴行を働いた従業員、ウーバーイーツ配達員のその後の行動などについて詳しく調査していきます。

・事件の詳細

・騒動があったラーメン店の場所や店名

・ウーバーイーツ配達員のその後の行動

スポンサードリンク

ウーバーイーツ配達員の暴行事件の詳細

飲食宅配代行サービス「Uber Eats」配達員が、4月17日のツイッターでピックアップ先の大手ラーメン店で暴行を受けたことを告発した。

 配達員は同日にラーメン店に行き、「2分でできる」と告げられるも、「散々待たされたあげく間違った商品渡してきたから、違うと言ったら、店員に胸をおもいっきり押されて、暴行された」と投稿。

「その店員に顔を2センチくらいまで近づけられ【裏こいおまえ】て威圧されたんで警察に通報」と明かした。

引用元:ヤフーニュース

今回、ラーメン店の従業員に暴行を受けたウーバーイーツの配達員の方は、3年ほど実務経験がありますが、このような行為をされたのは、今回が初めてだといいます。

実際の暴行は、胸を思いっきりどつかれただけでしたが、その後も暴行をするような態度を示したために、警察の方に連絡を入れたとの事です。

事件が起きたラーメン屋とはどこだったのでしょうか?

スポンサードリンク

ウーバーイーツ配達員暴行のラーメン店は一風堂駒沢公園店

ニュースでは、ラーメン店の店名は伏せられていましたが、実際は一風堂駒沢公園店である事が判明いたしました。

住所:〒158-0081 東京都世田谷区深沢2丁目19−20

一風堂駒沢公園店の外観

グーグルマップ

ストリートビュー

場所は東京都世田谷区だけあって、閑静な住宅街に建ち、日中はかなりのお客さんが入っているといいます。

食べログでの評価もまずまずといったところです。

特に、これまでにお客さんとのトラブルを起こした等の情報はありませんでした。

配達員に暴行した従業員は誰?

店舗の店長と上司であるエリアマネージャーが現れ、店舗の監視カメラを確認して、店側から謝罪を受けた。

引用元:ヤフーニュース

このような記述がありますので、ウーバーイーツの配達員に暴行したのは、店長ではなく従業員だったことが分かります。

こちらの従業員については全く情報がありませんが、この件で特段解雇の様な処置はされていないようです。

スポンサードリンク

何故このような暴行事件が起きてしまったのか?

配達員を下に見ている

コロナ禍にあって、実際にお店に行けない方が多くいる中で、ウーバーイーツというのは消費者からしてみれば、非常にありがたいサービスです。

しかし、お店側からしてみれば、ウーバーイーツ配達員を使ってやっているという意識があり、少しでも横柄な態度をとったら許さないといった考えを持っている方もいるのかもしれません。

ほとんどの店舗では、このようなトラブルは起きていませんが、一部の店舗では配達員を下に見ている方もいる方もいるとみられます。

新しいサービスで上手くいかない

ウーバーイーツというサービスは、日本ではまだ始まって数年しか経っていないために、まだ様々なトラブルが起きているのが現状です。

ウーバーイーツの利用者からは、注文した商品が違っていたり、商品がダメになっていたりといったことが各地で起きています。

今回は、お店側の人とウーバーイーツの配達員とのやり取りが上手くいがずに起きた事件です。

まだまだ改善が必要なのかもしれません。

スポンサードリンク

ウーバーイーツ配達員のツイッター

今回被害にあったウーバーイーツ配達員の方は、ツイッターアカウントを開設し、この事実を広めようとしています。

こちらのアカウントの中では、通報を受けてお店にパトカーが数台来た事や、防犯カメラの映像を確認して、お店の店長とエリアマネージャーが謝罪したことなども書かれていました。

事の重大さに気が付いた加害者は、配達員の方に謝罪しましたが、大事になってしまい謝っただけでは済まされない状況にまでなってしまいました。

この事実は大きく報道され、ヤフーニュースやテレビでも取り上げられるといいます。

今後は、裁判にまで発展する事も示唆されています。

ウーバーイーツ配達員にはボディーカメラが必須になる?

以前にも、ラーメン屋の店主が、ウーバーイーツ配達員に暴行したとして炎上騒ぎとなりましたが、その時は配達員がボディーカメラを装着していた為に、その時の様子が一部始終録画されていました。

今回も、お店の中に防犯カメラが設置されていた為に、需要な証拠となりましたが、場所によってはカメラが無いところもあります。

そういう時の為に、今後は配達員には証拠となるボディーカメラを付けるのが必修となるかもしれません。

こういったトラブルは、今後も出てくるはずなので、録画しておくことが身を守る最善策です。

スポンサードリンク

ウーバーイーツ配達員暴行についてネットでの声

・被害者側がUber Eatsと名前が出ているのだから、加害者側の大手ラーメン店の名前を出してほしいですね

・配達員のマナーの悪さばかり報道されてきたけど、お店側のマナーの悪さ(このケースは犯罪だけど)もあるんですね。

・羽鳥さんの番組を観たけど、店側が配達員を見下しているように感じた。

・店側も配達側も立場はフィフティフィフティでしょ。

今後は、お店側の人もウーバーイーツ配達員に運んでもらっているという意識を持てば、このような事件は起こりにくいはずです。

1店舗でこのような事件が起きてしまいますと、お店全体のイメージも悪くなってしまいます。

まとめ

ラーメン店の従業員が、ウーバーイーツ配達員の方に危害を加えたという事実をお伝えしました。

今回の事件をまとめますとこのようになります。

・騒動があったのは一風堂駒沢公園店

・ウーバーイーツ配達員の方はツイッターでこの事実を拡散

・ウーバーイーツ配達員の方は訴訟も辞さない構え

お店側としましても、お昼の11時30分と忙しい時間帯だったので、イライラしていたのかもしれませんが、暴行を働いてしまったのは反省すべき点でしょう。

これを教訓にしまして、同じようなトラブルが起きない事を祈ります。

スポンサードリンク