秀坂萌の顔画像やFacebookは?車で子供を引きずった理由とは?

愛知県岡崎市で、自分の息子が車にしがみついているのを知りながら走行したとして、母親の秀坂萌容疑者が逮捕されました。

幸い息子は怪我がありませんでしたが、子供だっただけに最悪命を落としていた可能性もあります。

なぜ秀坂萌容疑者はこのような蛮行を働いたのでしょうか?

今回は、秀坂萌容疑者の起こした事件の詳細や事件現場、顔画像やFacebookなどを詳しく調査していきます。

スポンサードリンク

秀坂萌の事件の詳細

小学生の息子が、車のドアにしがみついているのを知りながら、車を走らせたとして、母親が殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。

警察によりますと、愛知県岡崎市のパート・秀坂萌容疑者(33)は、13日午後4時50分ごろ、岡崎市の路上で、軽乗用車の運転席側のドアノブに小学生の長男(9)がしがみついているのを知りながら、殺意をもって、車を143メートル走らせた疑いがもたれています。長男にけがはありませんでした。

引用元:ヤフーニュース

事件があったのは、4月13日の午後4時50分ごろで、帰宅ラッシュが始まる時間帯でした。

秀坂萌容疑者の息子さんは9歳ですので、学校に迎えに行った帰りか、買い物帰りだった可能性が高いです。

どの様な状況かは分かりませんが、秀坂萌容疑者が運転する車に息子がしがみついたまま143mも走らせたのです。

事件のあった道路は狭いので、そこまでスピードが出せないところでしたが、もし振り落とされていたら骨折などの重傷を負っていたかもしれません。

スポンサードリンク

秀坂萌の顔画像やFacebookは?

秀坂萌容疑者のFacebookを調査したところ、本人と思われるアカウントが発見されました。

出身地も愛知県岡崎市で、顔画像も33歳と年相応、友人も愛知県内が多いという事から本人のアカウントの可能性が高いです。

Facebookの投稿は少なく、最終の投稿は2016年には止まっていますが、息子と撮った画像はとても仲が良さそうな感じでした。

5年ほど前ですが、日常的な虐待があったとは、とても思えない感じです。

こちらのFacebookが本人の物であるならば、独身と書かれていますので、シングルマザーではないでしょうか。

過去には、ファッション系の専門学校を卒業して、有名ブランドに就職していた時期もありますので、かなりのファッション好きという事が分かります。

画像の掲載についてですが、本人の了承を得ていないので掲載しませんが、報道で顔画像が出るようなことがあれば追記して掲載いたします。

秀坂萌のプロフィール

氏名:秀坂萌(ひでさかもえ)

年齢:33歳

住所:愛知県岡崎市

職業:パート

秀坂萌容疑者が現在独身で、シングルマザーであるならば、息子と二人暮らしでパートをしながら子育てをしていたことになります。

秀坂萌の犯行の動機は?

現在のところ、秀坂萌容疑者が何故このような犯行に及んだのかは分かっていませんが、よくあるケースは子供がぐずって、母親が怒り出し車を走らせたという事は考えられます。

事件が発覚した経緯も、この様子を通行人が見ていて警察に通報した為に分かったのでしょう。

スポンサードリンク

事件現場はどこ?

事件のあった現場は、愛知県岡崎市康生通南2丁目の道路になります。

現場の画像を見ても分かりますが、事件のあった時間帯は4時50分ごろと帰宅ラッシュの時間帯でしたが、細い路地だった為にスピードも出ずらく車通りも少なかったので大けがには至りませんでした。

母親も、本気で子供を車から振り落とそうとはしなかったはずですが、無傷で済んだのは不幸中の幸いです。

秀坂萌の事件にネットでの声

・怖すぎる。33にもなって、人の親にもなって、やっていい事と悪いことの区別がつかないのか。
・最初タイトル見ただけでは、薬物中毒か、アル中の母親が運転しようとしているのを子供が止めようとしたのかと思ったが・・・根が深そうだな、この事件。
・お子さん、身体にけががなくても心はボロボロだと思う。
・おそらく息子さんは母親に叱られて車から降ろされたか待ち合わせ場所に、約束より遅れて来たか?何か母親を怒らせて、置いて行かれる場面だったのだろう。

はやりネットでは、批判殺到です。

確かに秀坂萌容疑者は、息子をあやめようとした意図はなく、何かしらの親子のトラブルでこのような行為をしてしまったというのが正解だと思います。

それをたまたま通行人に見られて、警察に通報されてたというのが今回の事件だと思いますが、それにしても143mも車を走らせたのは異常です。

まとめ

愛知県岡崎市で、秀坂萌容疑者が息子を引きずったまま車を走行させた疑いで逮捕された事件についてお伝えしました。

今回の事件で良かったことは、子供に怪我がなかったことです。

もし怪我をしていたら、傷害罪や〇人未遂などで逮捕されており、本人はもちろん子供にも多大なる影響を及ぼしていました。

日常的な虐待は無かったにせよ、過去にもこのような行為をしていた可能性は否めないので、今回の事件が明るみになって母親も反省したのではないでしょうか。

スポンサードリンク