鹿児島市草牟田の事故の自衛官は誰で名前は?顔画像やFacebookは?

3月21日の夜3時に、鹿児島市において車同士の衝突事故が起きました。

加害者の男性は自衛官で、事故を起こした当日は酒を飲んでおり、飲酒運転による事故だと判明しました。

報道では、自衛官の名前は伏せられていましたが、南川悟大と判明しております。

それでは、今回の事故の詳細と南川悟大の顔画像やFacebookなどを詳しく調査していきます。

スポンサードリンク

鹿児島市草牟田の事故の詳細

鹿児島市の国道3号で21日未明、車同士が衝突する事故があり、軽乗用車を運転していた男性が死亡した。

警察は普通乗用車を運転していた男性自衛官が飲酒運転をしていたとみて調べている。

警察によると、21日午前3時過ぎ、鹿児島市草牟田の国道3号で普通乗用車と軽乗用車が衝突した。

この事故で軽乗用車の運転していた鹿児島市唐湊の自営業武竜一朗さん(47)が死亡した。

普通乗用車を運転していたのは、陸上自衛隊川内駐屯地の男性自衛官(22)で、基準値を超えるアルコールが検出されたという。  警察は、自衛官が飲酒運転をしていたとみて捜査している。

引用元:KYT

事故があった日は、深夜で既に小雨が降っており、運転するには非常に危険な状態でした。

※夜は視界が悪く、夜で判断能力も落ちて、雨により路面が滑りやすくなっている状態。

事故が起きたのも、かなり見通しの良い道路でしたが、このような悲惨な事故が起きてしまいました。

加害者の自衛官の男は、深夜まで酒を飲んでいたとみられ、事故の状況からもかなりのスピードが出ていたものとみられます。

加害者の車両は普通乗用車で、被害者の車は軽自動車だった為、やはりボディーの頑丈さでは劣るために、軽自動車の方が大破してしまいました。

被害者の詳細

氏名:武竜一朗さん

年齢:47歳

職業:自営業

住所:鹿児島市唐湊

武竜一郎さんの車は、大破してしまいましたが、破損した車に大量の新聞紙があるのが気になります。

車で新聞配達を配達する途中だったのでしょうか。

スポンサードリンク

鹿児島市草牟田の事故の自衛官は南川悟大

報道では、22歳の自衛官と出ていましたが、調べた結果、南川悟大という人物ではないかといわれています。

氏名:南川悟大(みなみかわごだい)

年齢:22歳

職業:自衛官

住所:薩摩市内

ネットでは、被害者の名前は出ているのに、加害者の名前を出さないのはおかしいなどの不満の声が出ています。

こちらの南川悟大という名前で検索した時の調査状況です。

南川悟大の顔画像やFacebookは?

南川悟大と調べたところ、本人らしきFacebookと顔画像が判明しました。

同姓同名の可能性もありますが、出身地も一緒なのでほぼ本人で間違いないでしょう。

この方は、学生時代は野球部に在籍しており、高校は佐賀県の高校を出られています。

その後、自衛隊の所属の関係で薩摩市に引っ越してきたのかもしれません。

Facebookには、事故車両と同じナンバープレートの車も写っており、顔画像も掲載されています。

※プライバシーにかかわるものなので、顔画像の掲載は控えます。

危険運転致死の適用はあるのか?

今回の事件は、かなりの飲酒量で、非常に悪質な事故になります。

被害者感情と致しましては、長い懲役刑が課せられる危険運転致死の適用を望むはずです。

しかし、これまでの判例を見てみましても、適用されないケースが見受けられます。

今回は、被害者が一人という事もあって、いくら飲酒運転をしていたからと言って、もっとも罪の重い危険運転致死が適用されるのか分からない状況です。

これから裁判になると思いますが、どうなるでしょうか。

スポンサードリンク

鹿児島市草牟田の事故現場

グーグルマップ

ニュース報道の現場

事故があったのは、鹿児島市の国道3号で、ニュース報道とグーグルマップが見事に一致しています。

グーグルマップで、動かしてみても分かりますが、かなり広めな道路である事が分かります。

通常であれば、このような広い道路で事故が起きるなんて考えられませんよね。

それほどまでに、飲酒事故というものの恐ろしさを実感します。

鹿児島市草牟田の事故現場のツイッター

現場近くで、撮影していた方のツイッターでの投稿です。

リアルな事故現場の状況が伝わってきます。

スポンサードリンク

鹿児島市草牟田の事故にネットでの声

・やっぱ軽自動車って事故ると、死亡率高いから普通自動車の方が良さげだね

 

自衛官がこんなことをすると、ますます風当たりが悪くなる。 飲んだらちゃんと運転代行呼ぶべき。

 

・ほー。やっぱり公務員だと簡単に被疑者の名前出さないのね。イメージ悪くなるから印象操作かな?

 

・ぶつかられた軽自動車って新聞配達の人かな?

やはり、大量の新聞がある事から、被害者の男性は新聞配達の途中だったのでしょうか。

車にあれだけの新聞があるという事は、業者としか考えられません。

まとめ

鹿児島市草牟田の事故について調査しました。

自衛官という国民の命を守る仕事をしていながら、過失とはいえ庶民の命を奪ってしまったのは許されない行為です。

これまで厳罰化された飲酒運転ですが、いまだにこのような行為をしている人がいるのも驚きです。

スポンサードリンク