【名古屋市中川区事件】神戸慶と神戸志勇の顔画像やFacebookは?犯行動機は?

名古屋市の閑静な住宅街で、悲惨な事件が起きてしまいました。

家族は、両親と子供の3人暮らしでしたが、一家の長である夫を妻と子供が、あやめてしまったのです。

なぜこのような事件が起きてしまったのでしょうか?

名古屋市で起きた事件の概要、家族の詳細、事件現場、犯行の動機などについて詳しく調査していきます。

スポンサードリンク

名古屋市中川区事件の事件概要

名古屋市の住宅で54歳の男性を殺害したとして、男性の妻と息子が逮捕されました。

警察によりますと、名古屋市中川区の神戸慶容疑者(48)と息子の志勇容疑者(26)は19日午後10時ごろ、自宅で慶容疑者の夫の政樹さん(54)の顔面を殺意を持ってビニール袋などで圧迫して窒息死させた疑いが持たれています。

取り調べに対して慶容疑者は容疑を認める一方、志勇容疑者は「殺意はなかった」と一部否認しています。

2人は事件当時「政樹さんが包丁を持って暴れていて、止めようとしたところ死なせてしまった」と話しているということです。

警察は家族間で何らかのトラブルがあったとみて調べています。

引用元:テレ朝news

被害にあったのは夫の神戸政樹さんで、ビニール袋を顔にかぶせられたことによる窒息が原因で亡くなられたとの事です。

事件の全容は、これから明らかになりますが、当日は夫の神戸政樹さんが、妻の神戸慶と口論になっており、その様子を見ていた息子の神戸志勇が止めに入って、このような結果になったといいます。

夫婦間のトラブルなのか、夫の日頃からのパワハラなどがあったのか現時点では分かりません。

近所の人の話ですと、これまでに家族間でトラブルになっていたという話は無く、普通の家庭だったと話しています。

スポンサードリンク

神戸慶と神戸志勇の顔画像やFacebookは?

神戸慶の顔画像

警察署へ送検される妻の神戸慶容疑者です。

横からの映像だったために、表情をうかがい知る事は出来ませんが、どこにでもいる主婦という印象を受けます。

神戸志勇の顔画像

こちらが、神戸志勇容疑者になります。

画像が不鮮明で、あまり表情を見る事は出来ませんが、ロン毛のイケメン風の若者といった感じがします。

とてもこのような事件を起こす加害者とは思えません。

やはり不慮の事故だったのでしょうか。

二人のFacebookは?

妻の神戸慶と息子の神戸志勇のFacebookを調べてみましたが、該当するアカウントを見つける事は出来ませんでした。

お二人ともSNSはやっていなかったとみられます。

神戸家の家族構成

神戸家は3人家族ですが、息子の神戸志勇が長男という表記をしていることから、他にも兄弟がいる可能性があります。

しかし、こちらの家に住んでいるのは3人のみになります。

神戸家・夫

氏名:神戸政樹(こうべまさき)

年齢:54歳

職業:不明

旦那さんは、寡黙で大人しそうな感じの人だったそうです。

神戸家・妻

氏名:神戸慶(こうべけい)

年齢:48歳

職業:無職

近所の人に会うと、気さくに挨拶をしてくれる普通の女性だった。

神戸家・子供

氏名:神戸志勇(こうべしゆう)

年齢:26歳

職業:無職

事件のあった神戸家の家を見てみますと、かなり立派な家ですので、夫の神戸政樹さんはかなりの高収入があったと思われます。

妻の神戸慶は、無職となっていますので専業主婦だったのではないでしょうか。

息子の神戸志勇は、26歳という年齢で無職となっています。

学生ではないと思われますので、たまたま離職中だったのか、それとも働いていなかったのか現時点では不明です。

スポンサードリンク

神戸慶と神戸志勇の自宅(事件現場)はどこ?

事件のあった現場は、名古屋市中川区伏屋になります。

立派な二階建ての家です。

気になる点

こちらの画像は、神戸家の近くを捉えている画像ですが、ゴミがため込まれています。

立派な家に住んでいますが、このようにゴミをため込んでいるところを見ますと、家庭的にずさんなところがあったのかもしれません。

神戸慶と神戸志勇の犯行動機は?

事件のあった日は3月19日で、日付は夜の10時ごろでした。

通常の家庭ですと、晩御飯やお風呂を済ませてテレビでも見ながらリラックスしている時間ではないでしょうか。

事件のあった直前に夫婦で言い争いになっていたといいます。

もし、晩酌などをしていたならば、お酒の入った勢いで暴れてしまったとも考えられます。

事件に不可解な疑問

被害にあった夫の神戸政樹さんは、暴れて包丁を振り回していたといいます。

それに対して、ビニール袋を顔にかぶせて、犯行に及んだといいますが、実際にそのような事が出来るのでしょうか?

包丁VSビニール袋

通常であれば考えられませんよね。今後の捜査で詳しい実態が判明するでしょう。

包丁を持って襲い掛かってきた相手に、止む無く抵抗したというのであれば、正当防衛が認められますが、日本では中々認められないケースが多いといいます。

スポンサードリンク

神戸慶と神戸志勇の事件にネットでの声

・家族で解決は難しい。話が本当で父親が包丁を持って暴れたならとにかく逃げて警察を呼ぶこと。

 

・包丁を持って暴れてる人間に対して、袋を被せるって中々難しい。

 

・包丁対ビニール袋でビニール袋が勝ったということかそしてまた殺意はなかったとは

 

・一見したところ立派なお家に見えるが、その内部ではどんな家族の悲劇が演じられているかわからない

やはりネット上では、あやめた方法に疑問を持つ方が多くいました。

こういった場合の一番の対処法は、とりあえず逃げて警察を呼ぶのが一番です。

まとめ

名古屋市中川区で起きた事件について調査しました。

妻と息子が、一家の主をあやめてしまうというショッキングな事件でしたが、非常に深い闇を感じます。

逮捕された二人は無職で、夫の食べさせてもらっている状態であったならば、なぜこのような事件を起こしてしまったのでしょうか。

今後の捜査の進展を待ちましょう。

スポンサードリンク