樺沢勇人の顔画像やFacebookは?犯行動機や事件現場を調査

3月15日に息子が母親をあやめる事件が発生しました。

犯行を起こしたのは樺沢勇人で、家出から帰宅した後の犯行になります。

なぜ樺沢勇人はこのような事件を起こしたのでしょうか?

今回は、事件概要と樺沢勇人の顔画像やFacebook、犯行の動機や事件現場などを詳しく調査していきます。

スポンサードリンク

樺沢勇人の事件概要

自宅で母親を包丁で刺し、〇害しようとしたとして、23歳の息子が現行犯逮捕されました。母親はその後、死亡しています。息子は行方不明となったあと、帰宅したばかりでした。

警察によりますと、〇人未遂の疑いで逮捕された自称無職の樺沢勇人容疑者は15日午前10時すぎ、さいたま市の自宅で、母親の知美さんの背中などを包丁で刺し、殺害しようとした疑いがもたれています。

知美さんは病院に搬送されましたが、その後、死亡しました。

引用元:日テレNEWS24

2021年1月中旬に家出をしていて、父親が捜索願いを出していました。

約2か月後の3月15日に、ひょっこり家に戻って来たといいます。

捜索願が出されていた為に、母親が警察の方に電話で連絡していたのですが、その時に何を思ったのか母親をさしたというのです。

警察に電話で話している途中だったので、悲鳴が受話器から相手の方に届いたという事です。

その後、樺沢勇人は駆けつけた警察官によって逮捕されました。

母親は、病院に搬送されてから1時間後に息を引き取りました。

樺沢勇人の母親のプロフィール

氏名:樺沢知美

年齢:45歳

住所:埼玉県さいたま市

樺沢勇人の家族は、父親・母親・弟の4人家族でした。

スポンサードリンク

樺沢勇人の顔画像やFacebookは?

樺沢勇人は、FacebookやツイッターなどのSNSはやっていたのでしょうか?

Facebookの方では、同姓同名の方がいましたが、全く投稿が無いために、本人の物と確認する事が出来ませんでした。

ツイッターの方でも、同じ名前のアカウントが存在していましたが、名前だけでこちらも全く投稿が無いために、確認は出来ませんでした。

無職で、家出もしていたところを見ますと、スマホすら所持していなかったかもしれません。

SNSが無いことや、警察の発表でも顔画像を公開していないために、現在はまだ顔画像が確認できません。

※顔画像の方を追記しました。

樺沢勇人のプロフィール

氏名:樺沢勇人(かばさわゆうと)

年齢:23歳

職業:無職

住所:不定

おそらく、学校を卒業した後も、まともな職に就いていなかったとみられる樺沢勇人。

事件が起きる2ヵ月間も、お金も無いのにどのように生活していたのでしょうか。

それにしても報道では、自宅にいるのに住所不定というのが気になります。

行方不明届けが出されている場合は、自宅があったとしても住所不定になってしまうのかもしれません。

樺沢勇人の犯行動機とは?

樺沢勇人は、行方不明になっていて自宅に戻ってきましたが、その当日に事件を起こしました。

母親が警察に連絡を入れていたので、自分が逮捕されてしまうと勘違いして、口封じのためにあやめてしまったとも考えられます。

詳しい実情は、現段階では分かりませんが、のちの取り調べで明らかになるでしょう。

スポンサードリンク

樺沢勇人の事件現場はどこ?

樺沢勇人は、自宅で犯行に及びましたが、住所が判明してます。

埼玉県さいたま市桜区白鍬と出ていました。

ここら辺一帯は、普通の住宅街になり、このような事件が起きて周辺住民の方も不安になっているはずです。

樺沢勇人の自宅は、比較的新し目な住宅で、どこにでもある4人家族の家庭だったとみられます。

家出していたといいますから、家庭内でトラブルがあったのかもしれません。

樺沢勇人の事件にネットでの声

・23歳でそんなに家が嫌ならアパートでもなんでも借りたらいいのにって思うけど、無職だから無理だったんだろうね。金が無いから戻った口か?

 

・母親がうざかったなら、家になんて戻らなければ良かったのに。

 

・そんなに実家が嫌ならアルバイトでも何でもして自立し、一人暮らしすれば良いのに。

 

・どんな事情があっても、母親は無念だったと思います。

やはりネット上では、樺沢勇人に対して批判が殺到しています。

23歳であれば自立できるはずですが、無職だったために、それも出来なかったのではないかという意見も多数ありました。

家出したものの、わずかなお金がつき、止む無く自宅に帰ってきたと思われる樺沢勇人ですが、このような犯行に及びました。

まとめ

今回は、さいたま市で起きた樺沢勇人の事件について調査しました。

まだ、顔画像や事件の動機などについては、判明していませんので、更なる情報が入り次第追記していきます。

今年に入り、このような事件が多発していますが、少しでも無くなって欲しいです。

スポンサードリンク