箱根駅伝にアンパンマン号が出現!選手と並走して話題になる

スポンサードリンク

毎年1月2日に日テレで放送される第94回東京箱根間往復大学駅伝競走往路において、こちらも子供に大人気のアンパンマンに登場するアンパンマンカー(アンパンマン号)が駅伝を走る選手と並走して話題となっております。

テレビを見ている人からは「アンパンマン号が気になってレースに集中できない」「あの車は一体何なんだ?」などの意見が数多く寄せられ、ネット上でも大きな話題となっております。

中には、ジャムおじさんがアンパンマン号に乗って誰の顔を取り換えに来たのか?といった書き込みも見られ、一躍今回の注目の的となってしまいました。

いつからアンパンマン号は出現したのか?

レース序盤はいつも通りに走り始めましたが、約17キロ付近に差し掛かってきたところで突如としてアンパンマン号が現れてきたのです。

その後は、先頭集団の斜め後ろのテレビ映りの良いベストポジションを維持して並走しだしたのです。

こういった事を察してみるとたまたま画面に映り込んだのではなく、意図的にこの日を狙って現れてきたのではないでしょうか?※時折パッシングしたりしています。

あまりにも異様な光景に、箱根駅伝を走る選手たちも振り返ってみたり、二度見するといった選手もいました。

ある意味怖い


出典:https://twitter.com/b14s2018/status/947984540349243392

選手たちもあれだけ目立つ車ですので気が付いているはずです。
まるで選手たちはアンパンマン号に追われているようにコースを走ります。

その後アンパンマン号は姿を消しましたが、追われて走ったので区間レコードが出たかと思いきやそんなことは無かったようです。ちなみに1区の区間賞は東洋大の西山和弥さんが獲得した模様です。

スポンサードリンク

箱根駅伝といえばフリーザのはずが・・・

毎年箱根駅伝といえばコスプレ姿で観客に混じって姿を現すフリーザ軍団ですが、今回はアンパンマン号に話題をかっさらってしまわれました。

いくらフリーザ軍団といえど、あれ以上のインパクトを残す事は不可能でしょう。


出典:https://twitter.com/solarsuzuki/status/816068906481684480/photo/1

来年は、フリーザの乗っている宇宙船やフリーザの父であるコルド大王あたりを連れてくるのでしょうか?

アンパンマン号のツイッターでの反応

アンパンマン号はその目立つ容姿ゆえ地元でも有名だそうです。

見た目はスズキエブリィの改造車ではないかと思われ、ナンバープレートは車内に置いているので明らかなナンバー隠ぺいであり違法改造車であるようです。

アンパンマン号の運転手はその後逮捕される?

ネットでの情報ですので、今のところ真意は定かではありませんが、アンパンマン号はその後、神奈川県警によって逮捕されたのではないかという情報が出ています。

もし本当に逮捕されたとすれば、容疑はナンバープレートの隠ぺいではないでしょうか。

現在ではナンバープレートの隠ぺいは罰則が厳しくなり、罰金50万円以下の過料となります。

目立ちたいがためにそれだけの罰金を払うというのはいかがなものでしょうか?
しかしそこまでしてでもテレビに映りたかったのか真意は分かりません。

まとめ

果たしてアンパンマン号はまた来年も現れるのか?フリーザ軍団が巻き返しを図るのか?今のところは不透明ですが、来年も箱根駅伝を見るしかなさそうですね。

しかし、なぜこのような色物集団が目立つかというと箱根駅伝のような命を懸けて真剣に走っている選手を尻目に異次元のキャラが出現することによって最大のインパクトが残せるのではないでしょうか。

来年からは、くれぐれも選手たちの「走り」を阻害するような行き過ぎたパフォーマンスは控えて頂きたいものです。