弥吉淳二死去 死因や病名 顔画像や家族や子供 生い立ち等を調査

スポンサードリンク

1月26日ギタリストの弥吉淳二さん(49)が、入院先の病院で亡くなりました。

2年半にも及ぶ闘病生活で病気療養中だった弥吉淳二さんですが、今回は残念な結果となってしまいました。

葬儀は既に近親者のみで執り行われ、既に荼毘に付されております。今後は関係者やファンに向けたお別れ会もありますので、ファンの方はお立ち寄り下さい。

弥吉淳二さんといえば、aikoさんや吉川晃司さんのサポートギターや、椎名林檎さん率いる東京事変のバックバンドを務めました。

その後、椎名林檎さんとご結婚されましたが、半年足らずで別れてしまいました。

病気闘病中も積極的に音楽活動に専念されたという弥吉淳二さんは、根っからの音楽好きという事が垣間見えますが、いったいどのような人物だったのでしょうか。

弥吉淳二さんのプロフィール

本名 弥吉淳二(やよし・じゅんじ)
生年月日 1968年5月17日(49)
出身 福岡県
最終学歴 福岡県立豊津高校
職業 ミュージシャン・プロデューサー

幼少期から音楽が好きで、高校時代からバンドを組んで活動していたようです。

プロに転向後も一流のミュージシャンとして、様々なアーティストのサポートギターやバックバンドでライブに参加したり、プロデュースや編曲家としても数々の作品を手掛けたとしても有名です。

歌手のaikoさんや吉川晃司さんには「やよっしー」と呼ばれて親しまれていました。

ギターの腕前は超一流で、天才ギタリストとして音楽業界でも一目置かれる存在でした。

弥吉淳二さんのプライベート

弥吉淳二さんは、椎名林檎との結婚で話題となりましたが、実は弥吉淳二さんには当時妻がいたので不倫関係の末の略奪婚という事になります。

不倫関係の最中、お二人の間にお子さんが産まれてしまったので、前妻とは別れて椎名林檎さんと再婚する事となったのです。

時系列で見るとこの様になります。

2000年9月 前妻と離婚

2000年11月 椎名林檎さんと極秘結婚

2001年7月12日 長男が誕生する

2002年1月 約半年後に離婚

離婚後は、椎名林檎さんが長男の親権を持ち育てる事となります。

その後、椎名林檎さんは映像作家の児玉裕一さんと、これまたできちゃった婚をしました。

弥吉淳二さんの方は椎名林檎さんとの離婚後、プライベートの情報がありませんので独身だったのか再婚したのかは分かりませんでした。

ちなみに弥吉淳二さんと椎名林檎さんの間に生まれた長男は、現在では16歳で高校2年生ではないでしょうか。下の名前は「空遥(そなた)」だそうです。恐らく小さい頃から音楽に触れ、両親のDNAも引き継いでいますから将来は音楽家にあるのではないでしょうか。(勝手な予想です)

スポンサードリンク

弥吉淳二さんの死因・病名

公表されていない弥吉淳二さんの死因ですが、膀胱がんの可能性が浮上しました。

ネット上での情報ですので信憑性はありませんが、今後明らかになるかもしれません。こちらの情報はハッキリとした事が分かり次第、追って追記します。

膀胱がんというと、元ボクシングミドル級世界チャンピオンの竹原慎二さんも患った事のある恐ろしいガンです。あの屈強な竹原慎二さんも死の恐怖を感じて毎日涙したという逸話がある程、闘病生活は非常に辛かったそうです。

膀胱がんと確定した訳では無いですが、もしそうだった場合、弥吉淳二さんも奇跡が起きて欲しかったですね。

弥吉淳二さんの画像集

ネットでの反応

悲しみの声がたくさん書きこまれています。

ギターの腕前もさることながら、その親しみやすい人柄で、数々のアーティストから愛されていました。

音楽仲間からからも信頼が厚く、生前はとてもお世話になったという人が後を絶ちません。

49歳という若さで亡くなってしまった弥吉淳二さんですが、音楽業界としても惜しい存在を無くしました。

ご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサードリンク