開米栄三のwikiプロフ!死因や病名・顔画像や経歴や家族などを調査

未だに人気の高い特撮映画の「ゴジラ」の着ぐるみ制作に携わっていた開米栄三さんが、白血病の為90歳で亡くなりました。

日本映画の黎明期に、特撮映画の礎を築いた功績は偉大です。

残念ながら白血病でお亡くなりになりましたが、90歳という大往生での人生でした。

開米栄三さんとはどのような人物なのでしょうか?詳しく調べていきます。

スポンサードリンク

開米栄三さんの死因や病名は白血病

開米栄三さんは、長身である事から「チョウさん」という愛称で親しまれてきました。

今まで特に大病はした事が無かった為、90歳という年齢まで元気に生活する事が出来ました。

最後は、白血病に侵されてお亡くなりになりましたが、家族に看取られて幸せな最後でした。

喪主は、開米栄三さんが設立した会社「開米プロダクション」の現社長で、開米栄三さんの長男でもある、開米敏雄さんが務めました。

90年という長い人生において、数々の偉業を成し遂げられました。

スポンサードリンク

開米栄三さんのwikiプロフ

氏名:開米栄三(かいまい・えいぞう)

年齢:享年90歳

職業:造形家

備考:開米プロダクション・会長

開米栄三さんは、若い頃はお化け屋敷などのアトラクションで、仕事をしていましたが、友人らの勧めで大手映画会社である東宝で、小道具や美術などの仕事に携わりました。

その時の仕事が縁で、ゴジラのぬいぐるみの制作に携わるようになったといいます。

その後は、メキメキとぬいぐるみ制作の技術を高め、円谷プロダクションの円谷英二さんの目に留まり、ウルトラQやガメロンなどの制作にも関与するようになりました。

ぬいぐるみ制作においては、かなりレベルの高い技術を身に付けた開米栄三さんは、東宝を退社し、自身で開米プロダクションを設立したのです。

開米栄三さんの開米プロダクション設立後はヒット映画を連発

開米プロダクションを設立した後は、マグマ大使やガメラ、ウルトラマンなど日本映画の特撮映画を次々と作り出し、日本の技術の高さを世界へと広めます。

これだけのヒット作を世に送り出しながらも、開米栄三さんは、表舞台にはほとんど出る事は無く、あくまで裏方として映画の作品のみを世に送り出してきました。

特に、ゴジラの人気は高く、日本のみならず海外でも熱狂的なファンを多く抱えるなど、世界で人気となったのです。

開米栄三さんが作り出す怪獣やヒーロー物は、現代のオタク文化の発祥といっても過言ではありません。

正に、日本が世界に誇れる時代の先駆者だったのです。

スポンサードリンク

開米栄三さんの顔画像や経歴や家族

開米栄三さんは、表舞台にはあまり出て来られない方だったので、顔画像というのはあまりありません。

経歴については、ぬいぐるみ制作のプロフェッショナルという事でお伝えしてきました。

ご家族についても、開米栄三さんの妻の情報はありませんでした。

息子さんは、長男が開米プロダクションの社長に就任していることが分かっています。

開米栄三さんが、90歳で亡くなられていることを考えますと、現社長の開米敏雄さんも50代から60代ではないでしょうか。

しっかり開米栄三さんの後を引き継ぎ、社長として責務を果たされております。

まとめ

開米栄三さんが、90歳という年齢で白血病によりお亡くなりになったという事をお伝えさせて頂きました。

日本の特撮映画の原点をお創りになったという事で、この功績は世界に誇れるものです。

開米栄三さんの一番のヒット作となったゴジラも、世界的に有名となりましたし、松井秀喜さんもゴジラ人気にあやかり当時はとても人気となりましたね。

子供達に大きな夢を与えて下さった開米栄三さんのご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサードリンク