大和田美帆の病気は多嚢胞性卵巣症候群!病気を乗り越え娘も授かる

俳優の大和田獏さんと、女優の岡江久美子さんの娘である大和田美帆さんは、2013年頃に多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)という病気を患っていました。

しかしその後、多嚢胞性卵巣症候群を患いながら、妊娠し出産しました。

大和田美帆さんが患ったという多嚢胞性卵巣症候群は、どの様な病気だったのでしょうか?

スポンサードリンク

大和田美帆さんの病気は多嚢胞性卵巣症候群

大和田美帆さんの多嚢胞性卵巣症候群という病気ですが、女性の20人に1人はかかってしまう病気で、決して珍しい病気では無いのです。

こちらの病気にかかってしまうと、妊娠しづらくなってしまうといいます。

「卵子が大きく育たないためにうまく排卵されない体質らしく『妊娠しづらい身体です』

大和田美帆さんは、この病を乗り越えて、見事に妊娠するまでに至りました。

医者も奇跡的な出来事としましたが、大和田美帆さんも舞台の仕事のかたわら、体質改善に尽力したといいます。

スポンサードリンク

大和田美帆さんが多嚢胞性卵巣症候群を乗り越え娘を出産

大和田美帆さんは、病気を乗り越え2015年の9月13日に元気な女の子を出産されました。

大和田獏さん夫婦としても初孫となり、嬉しさもひとしおといったところです。

大和田美帆さんは、妊娠した時に、多嚢胞性卵巣症候群という病気にかかっても、妊娠し出産した方の情報を集めて、何度も励まされたといいます。

残念ながら、病気の方は完治は難しく、今後もこちらの病気を向き合いながら生きていかなければいけませんが、無事に娘さんを出産できたのです。

大和田美帆さんの成功体験が事例となって、多嚢胞性卵巣症候群に苦しく女性でも、出産できるという事を知らしめてくれました。

影響力があるだけに、この事例は全国に広く伝わるはずです。

大和田美帆さんの娘さんの現在のお姿

大和田美帆さんは、定期的にアメブロやツイッター、インスタグラムを更新し続けています。

その中で、娘さんもかなり登場していて、産まれたばかりから現在のお姿まで、成長記録を残されています。

残念ながら、娘さんの顔は非公開となっていて、名前の方も公開されていません。

これは、安全面に対する配慮だと思いますが、子供の安全面を考えれば公開しない方が得策です。

大和田美帆さんは、2018年に離婚されてしまいましたので、シングルマザーとして、娘さんを育てていく事になります。

まとめ

大和田美帆さんが、多嚢胞性卵巣症候群という病気を患いながら、娘さんを出産されたという事でお伝えしました。

このような病気を抱えながら、出産できるというのを世間の人に広めて下さいました。

こちらの病気は、完治する事は出来ないかもしれませんが、新たな旦那様と出会って素敵な毎日を過ごされて欲しいです。

スポンサードリンク