増岡弘(マスオさん声優)の死因や病気や病名は直腸がん!経歴や家族などを調査

サザエさんのマスオさん役として、長年お茶の間で親しまれてきた増岡弘さん(83歳)が、3月21日午前2時53分にお亡くなりになりました。

直接の死因は直腸がんで、闘病生活の末に亡くなったという事です。

80歳を超えるご高齢と、ガンの持病もあり長年勤めてきたサザエさんのマスオさん役とアンパンマンのジャムおじさん役は引退され、ナレーションの仕事も引退されました。

2019年の声優引退まで、増岡弘さんにどの様な事があったのでしょうか?

スポンサードリンク

増岡弘さんの声優としての経歴

増岡弘さんは、2019年には声優としての仕事をほとんど引退されていますが、これまでに数々の役を演じてきました。

長年声優として務めてきた役はこちらです。

・サザエさんのマスオさん役 → 41年間

・アンパンマンのジャムおじさん → 31年間

特にマスオさんの、ほのぼのとした声は日本中に癒しを与えてくれました。

アニメの声優の他にも、ナレーターとしても人気が高く、有吉くんの正直さんぽでも、あの独特な声で番組を盛り立てていました。

増岡弘さんが声優を引退した後も、後輩声優がしっかり引き継ぎ、マスオさん役は田中秀幸さん、ジャムおじさん役は山寺宏一さんが演じています。

マスオさん役を引き継いだ田中秀幸さんとサザエさんスタッフからコメント

・田中秀幸さん

「増岡さんとは昔からたくさんの番組でご一緒させて頂きました。優しい笑顔、楽しいお話し、穏やかなお人柄。全部ずっと覚えています。どうぞ安らかにお眠り下さい」

・サザエさんスタッフ

「カッコいい自慢の夫であり、家族思いの父親であり、気遣い上手な娘婿であり、頼れる義兄でもあるマスオさん。いつも穏やかで優しく、ユーモアにあふれた増岡さんの人柄そのものでした。これからも『サザエさん』スタッフ一同、マスオさんというかけがえのない家族の一員を、大切に描きつづけていきたいと思います。長い間、本当にありがとうございました」

スポンサードリンク

増岡弘さんが2019年に声優を引退していたのは直腸がんが原因?

2019年に声優を引退した理由は、この頃から直腸がんの診断を受けており、治療を優先するために、引退したものと思われます。

生前は、直腸がんに関する病気や病名なども明かすことなく、入院している病院なども公表していませんでした。

正直さんぽのナレーションを降板した時は、増岡弘さんの体調不良の報道が流れましたが、体調不良の詳細は明かされず、ファンの方達を心配させないような心遣いが見られていました。

正直さんぽの方は、一度引退したもののスタッフから復帰要請を受けて復帰しましたが、病気を治療しながらナレーションの仕事をしていた事になります。

声優界では、3月に仲西環さんもお亡くなりになったばかりでした。

仲西環の死因や病気・病名とは?旦那(夫)や子供はいたのか調査

2020年3月17日

増岡弘さんの奥さんやお子さんなどの家族は?

増岡弘さんの奥さんや子供などの情報はありませんでした。

プライベートは一切公表していないようです。

しかし、葬儀の方は家族葬で行われたとありますので、奥さんやお子さんは居るのかもしれません。

また、お別れの会なども本人の遺志により行わなないとの事です。

スポンサードリンク

増岡弘さんについてネットでの声

増岡弘さんの訃報に、同じ声優仲間からもコメントが寄せられています。

増岡弘さんの生前の動画なども公開されていますが、CMや役者などの仕事もしていたのですね。

特に衝撃的なのが、歌手の持田香織さんと共演していたのも驚きました。

まとめ

増岡弘さんのが直腸がんでお亡くなりになったという事でお伝えしました。

増岡弘さんといえば、マスオさんというイメージが皆さん付いているようです。

※マスオさんとして長年親しまれた増岡弘さんは、2018年の声優アワードにて功労賞を受賞しています。

あのほのぼのとした声がもう聴けなくなってしまうのは本当に残念です。

増岡弘さんのご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサードリンク