岡山県岡山市の60代女性のコロナ感染は誰?入院先の病院はどこ?

日本全土に蔓延を続けるコロナウイルスですが、岡山県でも初感染者が出てしまいました。

岡山県では、以前に感染者が出たではないか?と思っている方もいますが、岡山県倉敷市在住の60代の男性が、帰省先の高知県でコロナウイルスの感染が確認されたため、高知県での感染と位置づけられました。

岡山県内では初感染となりますが、周辺住民の方は落ち着いて行動しましょう。

それでは、コロナウイルス初感染者となってしまった60代女性について詳しく調べていきます。

スポンサードリンク

岡山県岡山市の60代女性のコロナ感染者の詳細

性別:女性

年齢:60代

住所:岡山県岡山市

職業:不明

家族:同居人(夫・60代) 1名 別居人(長女・長男)2名

長女:岡山県岡山市在住

長男:岡山県早島町在住

女性は60代ですので、無職か専業主婦の可能性が高いです。

3月23日に、60代の夫・長男・長女計3名のPCR検査を実施する予定。

60代女性と3人家族以外の濃厚接触者について調査中との事です。

岡山県岡山市の60代女性のコロナウイルスの感染ルートは?

コロナウイルスの感染者の60代の女性は、3月9日から15日まで40代長女と共に、二人でスペイン旅行に出かけたといいます。

その後に帰国し、発熱が出たためにPCR検査を受けたところ、コロナウイルスの感染が確認されたとの事です。

60代女性のコロナウイルスの感染が確認されましたが、濃厚接触者は、一緒にスペイン旅行に出かけた40代の長女と同居する60代の夫という事になります。

長男は、岡山県早島町に住んでいますが、念のためPCR検査を受けるとの事です。

コロナウイルスの感染までの時系列

3月9日:スペイン旅行へ旅立つ

3月15日:スペイン旅行から帰国

3月17日:発熱を確認 → 帰国者・接触者外来を受診

3月21日:再度受診

3月22日:PCR検査の結果コロナウイルスの陽性を確認

スペインから帰国した後は、成田空港から新幹線などの公共機関を利用している事も分かっています。

60代女性は、17日に発熱がありましたが、それほど高くなかったため、PCR検査を行いませんでしたが、その後も発熱とのどの痛みが続いたといいます。

どうしても発熱とのどの痛みが治まらない為、PCR検査を受けたところ、コロナウイルスの感染が確認されたのです。

ネットでは、不要な外出は控えて下さいというアナウンスがあったにもかかわらず、スペイン旅行に出かけた60代女性に対して怒りの声が上がっています。

スポンサードリンク

岡山県岡山市の60代女性のコロナ感染者の入院先の病院はどこ?

現在のところ、60代の女性が、どこの病院に入院しているか等の情報がありません。

岡山県で、コロナウイルスに感染した場合の感染症指定医療機関は以下の病院となります。

第一種感染症指定医療機関

岡山大学病院 病床数2

第二種感染症指定医療機関

岡山市立市民病院 病床数6

倉敷中央病院 病床数10

津山中央病院 病床数8

60代女性は、上記のいずれかの病院に入院しているものと見られます。

岡山市在住ですので、岡山市立市民病院に入院している可能性が高いとみていますが、ネットでホームページなどを調査しても、コロナウイルスの感染者が入院しているなどの情報は得られませんでした。

スポンサードリンク

岡山県岡山市の60代女性のコロナ感染者に対しネットでの反応

ネットでは、これだけ世界的にコロナウイルスで騒ぎになっているにもかかわらず、ヨーロッパに旅行に行くなんてありえないといった意見が多数寄せられました。

ヨーロッパでも、急速に拡大しつつあるコロナウイルスですが、こんな時に旅行に行くという事は、じさつ行為に他ならないという意見です。

60代女性も、以前から予定していた事であり、急な変更が出来なかった等の諸事情があると思いますので、一方的に攻めるのも良くないです。

まとめ

岡山県でコロナウイルスの初感染者が出たという事でお伝えしました。

今の現状ですと、もうどの県にコロナウイルスの感染者が出てもおかしくない状況にあります。

未だにコロナウイルスの感染者が出ていない県は、現在のところ7県となりましたが、どうなるか分かりません。

私たちに出来る事は、不要な外出は控え、どうしても外出する時はマスクを着用するなどの対策が必要です。

感染拡大防止にみなさんで協力していきましょう。

スポンサードリンク